YuMake、1km間隔で全国の現在の気象状況を取得できるAPIを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


YuMake、1km間隔で全国の現在の気象状況を取得できるAPIを提供


掲載日:2016/05/24


News

 YuMake合同会社は、1kmごとの天気/気温の状況を1時間ごとに把握できるデータ「推計気象分布API」の提供を開始する。

 “推計気象分布”は気象庁が提供するもので、気象衛星“ひまわり8号”や気象レーダーによる観測データなどを活用することにより、最新の気温/天気の分布を1時間ごとに、約1km四方の細かさで推計できるようにしたもの。

 今回同社は、圧縮された状態で提供されるこのデータをAPI化し、緯度/経度指定で取得できるようにすることで、アプリやWebサイト、ビッグデータのデータ蓄積での利便性を高め提供する。地域における傾向の分析などに活用できる。

 推計気象分布の要素は天気/気温の2つ。同APIでは、パラメータにより、“指定した緯度/経度の最寄りのポイントのデータを取得”“指定した緯度/経度の近隣データを取得(距離指定)”といった取得オプションが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

金融企業の7つの事例にみる「Apache Hadoopの先進活用術」 【ホートンワークスジャパン】 オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 Apache Hadoop データプラットフォーム Hortonworks Data Platform 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopによるデータレイク構築がもたらす3つの重要な価値 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
他社はどうHadoopを使っているか? データ活用の課題と対策 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 Hadoop開発プロジェクトのコアメンバーが揃うHortonworksが提供するデータプラットフォーム。Hadoopによるソリューションから要求される各種機能を提供する。 近頃よく聞く「データレイク」って何? 最新分析メソッドを紹介 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067506


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ