EIZO、色再現性などを向上した映像制作市場向け24.1型モニタ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EIZO、色再現性などを向上した映像制作市場向け24.1型モニタ発売


掲載日:2016/05/24


News

 EIZO株式会社は、映像制作市場向けの24.1インチカラーマネジメント液晶モニタ「ColorEdge CG247X」を6月3日に発売する。価格はオープン価格。

 「ColorEdge CG247X」は、広色域パネルを採用し、映画制作に用いられる表示規格“DCI-P3”のカバー率が98%で、“Adobe RGB”色域も99%再現できる。青色や緑色の忠実な表示が可能なほか、EBU、Rec.709、SMPTE-C、DCIなどの放送規格で定められた色域・ガンマを再現するカラーモードも装備し、プロジェクトの色基準に合わせてモニタ筐体の操作ボタンから容易に表示を切替えて使用できる。

 暗室の制作環境でも白浮きを抑えた黒色を表示できるよう、コントラスト比は1500:1、画面にリタデーションフィルムを採用し斜めから見た時に生じるバックライトの光漏れの低減も図っている。また、電源を入れてから約3分で輝度・色度・階調特性を安定させるよう設計されている。

 省エネルギーにも配慮されていて、広色域LEDバックライトの採用で画面の温度上昇を抑え、冷却用のファンを使わない内部設計により標準消費電力は22Wに低減されている。また、付属の遮光フードは、ワンタッチで取付け取外し可能になっている。

 正確な色表示を図るため、筐体にキャリブレーションセンサを内蔵し、専用ソフトウェア「ColorNavigator」を使って規格や基準となるデバイスに合わせた適切な表示に調整できる。画面全体の輝度・色度が均一になるように補正する専用回路の搭載や、工場で1台ごとに行なわれるRGB各色0〜255の階調の調整、5年間の保証なども提供される。

 映像制作市場向けの性能として、特定の色をRGB立体上で個別に調整できる映画フィルムの特性ファイル“3D-LUT”を利用した表示も可能になっている。また、モニタ管理者がネットワーク経由で遠隔に複数のモニタを管理できるソリューション「ColorNavigator Network」にも対応している。


出荷日・発売日 2016年6月3日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067501


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ