富士通、サイバー攻撃による事業被害の極小化を図るサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、サイバー攻撃による事業被害の極小化を図るサービス提供


掲載日:2016/05/18


News

 富士通株式会社は、サイバー攻撃に対する“検知/防御”“分析/対処”“セキュリティ耐性強化”のライフサイクルを一元的に支援する「グローバルマネージドセキュリティサービス」を強化し、企業の事業継続性の向上を図る「FUJITSU Security Solution セキュリティレジリエンス強化支援サービス」の提供を6月に開始する。価格は個別見積(300万円から)。

 「レジリエンス強化支援サービス」では、業種/業態に応じたシナリオによる模擬演習や、サイバー攻撃により想定される事業損害額の定量化、同業種/同規模企業のセキュリティ対策水準との比較により、事業継続の観点でユーザの中期的なセキュリティ対策計画策定を支援する。

 サイバー攻撃検知後に起こり得る様々な状況をシナリオ化し、ユーザ自身がその場でどのように対処すべきかを検討する模擬演習を行なう。これにより、サイバー攻撃発生時に起こり得る状況や、社内外の様々なステークホルダーへの影響をシミュレーションし、現状の対応プロセスの課題や今後求められる対策を明確化できる。シナリオの内容を事前にユーザに知らせずに演習を行なうため、現状の課題をより明確に抽出できる。複数のユーザに対するセミナー形式での簡易型模擬演習サービスとしても提供される。

 ユーザのシステム構成と事業プロセスの関連性を整理し、サイバー攻撃によってシステムが停止した際に影響がある事業/業務を明確化することで、想定される損害額を定量的に算出する。また、経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構が定める『サイバーセキュリティ経営ガイドライン』や、各種情報セキュリティ対策のベンチマークに基づいて、同業種/同規模企業のセキュリティ対策水準と比較し、ユーザのセキュリティ対策レベルを可視化する。

 模擬演習によって抽出された課題や、定量化された損害額、現状のセキュリティ対策状況を踏まえ、目指すべきセキュリティ対策レベルを総合的に分析し、ユーザにとって実効性が高く、投資対効果が明確な中期的なセキュリティ対策計画の策定を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積(300万円〜)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067412


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ