ORIX Rentec、造形受託用金属3Dプリンターを増設

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ORIX Rentec、造形受託用金属3Dプリンターを増設


掲載日:2016/05/18


News

 オリックス・レンテック株式会社(ORIX Rentec)は、造形受託サービス向けの金属3Dプリンターを増設し、新たにアルミニウムを使用した造形受託サービスを開始したと発表した。

 ORIX Rentecは、自社の東京技術センター内に開設した造形受託サービス拠点“Tokyo 3D Lab.”に樹脂3Dプリンターを設置し、ABSやPC、ULTEMなど様々な種類のプラスチック素材の造形受託を行なっている。

 今回、更に独EOS社製金属3Dプリンター「E290」を1台増設し、造形品の受託能力を拡大したという。

 また、航空宇宙/自動車/電機メーカーなどのユーザからの要望が強いアルミニウム素材の造形に対応することで、ユーザへの納期短縮を図るとともに、幅広い種類の造形品を提供すると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子活用ソリューション SPA 【ウイングアーク1st】 Azureのセキュリティを効率化、高度な暗号化と鍵の一元管理を可能にする方法 【タレスジャパン】 「GDPR」「PCI DSS」にも一括対応、主要規格に準拠したデータ保護の仕組みとは 【タレスジャパン】 ERP再構築でグローバルな業務標準化を実現、旭化成メディカルのIT基盤刷新術 【パシフィックビジネスコンサルティング】 わずか4カ月でERPを海外拠点へ展開、旭化成繊維事業部に学ぶ導入の秘訣とは? 【パシフィックビジネスコンサルティング】
帳票管理システム 暗号化 暗号化 ERP ERP
SPAは電子帳票の保管から破棄までの一元的なライフサイクル管理を実現し、アナログな業務プロセスを自動化し、業務効率向上を実現。 Azureのセキュリティを効率化、高度な暗号化と鍵の一元管理を可能にする方法 「GDPR」「PCI DSS」にも一括対応、主要規格に準拠したデータ保護の仕組みとは ERP再構築でグローバルな業務標準化を実現、旭化成メディカルのIT基盤刷新術 わずか4カ月でERPを海外拠点へ展開、旭化成繊維事業部に学ぶ導入の秘訣とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067405



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ