日本IBM、企業でMacを利用する際の導入/管理支援サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、企業でMacを利用する際の導入/管理支援サービスを提供


掲載日:2016/05/17


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、企業利用Macの導入/管理、運用などを支援するサービス「IBM Managed Mobility Services for Mac(MMS for Mac)」の提供を開始した。

 「MMS for Mac」は、社員が業務に適したモバイル・デバイスを選択する際に、Macを希望するといったニーズに対応するためのサービス。2015年8月にグローバルで発表したサービスを、日本のユーザ向けに日本語対応などを追加して提供する。

 JAMF Software社が提供する、Apple製品を管理するためのツール「Casper Suite」を利用したMacデバイスの管理や、Over-the-airプロビジョニングによる迅速な展開サポート、アプリケーションとセキュリティ・ポリシー設定情報の配布とサポート情報への統合アクセス窓口となるセルフサービス・ポータルといった機能が提供される。また、初期サービスとしてデバイス管理環境のセットアップが行なわれるほか、定常運用サービスとして管理環境の運用や、定期的なアプリケーション/修正プログラム/管理ポリシーの更新と配信が行なわれる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 移行時期が迫る「Windows10」――導入を成功させる秘訣は? 【東芝クライアントソリューション】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 移行時期が迫る「Windows10」――導入を成功させる秘訣は? EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067383


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ