エプソン、エコソルベントインク搭載大判プリンター3機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、エコソルベントインク搭載大判プリンター3機種を発売


掲載日:2016/05/17


News

 エプソンは、サイン/ディスプレイ業界向け64インチ対応エコソルベントインク搭載大判インクジェットプリンターの新製品として、高画質モデル「SC-S80650」、ハイスピードモデル「SC-S60650」、スタンダードモデル「SC-S40650」の3機種を5月24日に発売する。

 「SC-S80650」は、“PrecisionCoreTFPプリントヘッド”を2基搭載し、“UltraChrome GS3インク with RED”を採用している。“UltraChrome GS3インク/GS3インク with RED”は、広色域/明るい色表現/光沢感を兼ね備えているほか、インクの改良により乾燥性が高まったことで、印刷後の巻き取り時間までの生産性が向上している。“UltraChrome GS3インク with RED”は、レッドインクを搭載したことで、色域を拡大し、メリハリのある色再現ができる。また、同機種では9色/10色の組み合わせから、用途や使用状況に応じて自由にインクセットを選択できる3つのモード“9色モード”/“10色モード(ホワイト)”/“10色モード(メタリック)”が用意されている。

 “PrecisionCoreTFPプリントヘッド”は、真円のノズルからインクを正確な位置に必要な量だけ打ち出すことで、印刷品質が向上している。また、ソフトウェアRIP用の入力プロファイル“Epson Wide CMYK Input Profile”により、色再現領域の拡大や、鮮やかな色の再現が可能になっている。更に、“粒状感の低減”“色域の最大化”“バンディングの低減”の3つの効果がある技術の搭載により、安定した高画質で出力できる。

 「SC-S60650」は、「SC-S80650」と同様に“PrecisionCoreTFPプリントヘッド”を2基搭載し、高速印刷が可能。インクは、シアン/マゼンタ/イエロー/ブラック4色の“UltraChrome GS3インク”を採用し、4色ながら高速印刷時でも広色域と鮮やかな色彩表現が可能になっている。「SC-S40650」は、初期導入コストを抑え、優れたコストパフォーマンスを提供するスタンダードモデルで、インクは「SC-S60650」と同様の“UltraChrome GS3インク”を採用している。

 価格は、「SC-S80650」と「SC-S60650」が各220万円、「SC-S40650」が170万円。


出荷日・発売日 2016年5月24日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067374


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ