電机本舗、ウイルスメール対策やPCの半ROM化が可能なソフト出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


電机本舗、ウイルスメール対策やPCの半ROM化が可能なソフト出荷


掲載日:2016/05/16


News

 有限会社電机本舗は、Windows 10に対応し、ウイルス添付メール対策やPCの半ROM化を行なえる、ウイルス定義ファイルの更新が不要な永久型のセキュリティソフト「『フォーエバーセキュリティ』Ver5.3」の出荷を開始した。

 「フォーエバーセキュリティ」は、ファイル名を右から左に表示させるRLO(Start of right-to-left override)制御コードでファイル名を偽装したファイルをブロックできる。また、Windowsの工場出荷状態で“半開”状態になっているセキュリティ機能“DEP”(Data Execution Prevention)を“全開”にでき、JPEG画像/PDF/動画ファイルなどデータ経由でアプリが持つ脆弱性を突くウイルスに対する免疫を最大化できる。

 HDDへのプログラムの書き込みを禁止し、“限定的ROM化”することで、“DEP”での防御を突破したウイルスに対し、ファイルへのプログラムの書き込みを抑制でき、ウイルスの繁殖を防げる。外部からのメールで紛れ込んできたプログラムのディスクへの保存も禁止でき、メールの添付ファイルに偽装されたウイルスプログラムに対して効果的な防壁を構築できる。

 USBメモリからのプログラムファイル読み込み/実行防止機能を備え、autorun.inf/autorun.iniファイルによる自動実行を防御できる。通常のドキュメント/データファイルは自由に読み書きできる。また、様々なウイルスや悪意あるプログラムの感染ルートが類型化され、その中で問題になる実行型プログラムとその進化形態であるデータ型に対して効果的な、更新ファイル不要のセキュリティが提供される。

 ダウンロード版の価格は3980円で、10ライセンスからボリュームディスカウントオプションが用意されている。公共団体には無償でライセンスが提供される(提供枠が埋まり次第終了)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】 Kaspersky Endpoint Security for Businessシリーズ 【カスペルスキー】 ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】 感染前提のマルウェア対策、VDIの次の仮想化セキュリティは? 【ヴイエムウェア】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? PC、モバイル、サーバーなどのエンドポイントを幅広く保護し、アプリケーション、デバイス、Web使用を適切に制限するコントロール機能で強固なセキュリティ環境を実現。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 「VDI+セキュリティ製品」でも防御は不完全……何が足りない?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067366


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ