JBCC、運用付きのクラウド型データ解析ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBCC、運用付きのクラウド型データ解析ソリューションを提供


掲載日:2016/05/16


News

 JBCC株式会社は、「俺のクラウド」の新たなサービスメニューとして、Tableau Japan株式会社(Tableau)の「Tableau Desktop」を活用した、クラウド型データ解析ソリューション「Cloud解析」の提供を開始する。価格は、1ユーザあたり月額1万7000円から。

 「俺のクラウド」は、JBグループと業種や業務に特化したパートナー企業が相互の技術を活かしながら、クラウド基盤の構築からソリューション、運用まで、ユーザに適切なものを適切な形で提供するシステムクラウドサービス。

 今回提供される「Cloud解析」は、JBCCの運用付きクラウドサービスと、Tableauのデータ解析に特化したソリューションを融合したもの。クラウド上の仮想デスクトップで提供され、簡単なマウス操作で高度な解析を行なえ、迅速な意思決定を支援する。ExcelやCSVのファイルに加え、Amazonがクラウドで提供するDWH「Amazon Redshift」とも接続できる。

 「俺のクラウド」のサービスメニューである“Cloud戦略箱”や“NX販売支援”専用のテンプレートが用意されていて、オンプレミスやクラウド上のデータを集約し、解析/活用できる。直観的な操作で様々な手法でデータを分かりやすく可視化でき、解析結果をオフラインからも活用できる形で出力できる。「Tableau Reader」を導入することで閲覧/操作を行なえる。モバイル端末で利用できる。

 クラウド運用監視センタ「CLIC」で運用/監視を行なう。「CLIC」は、クラウドの利用で必要な手続きの代行から、設計/構築/運用まで包括的にサポートする。サーバー監視、データのバックアップ、設定変更などの日常の運用に加え、セキュリティ対策にも対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 1ユーザあたり月額1万7000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 最良の顧客体験につなげる、デジタルアセット管理7つの秘訣 【アドビ システムズ】 楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤Splunk…… 【マクニカネットワークス】 ビーコンによる動線分析ソリューション Location Data Analyzer 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 データ分析ソリューション(NECの提供するデータサイエンス) 【NEC】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
抽選で10名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート 7つのトレンドで分かる、最良の顧客体験を引き出すコンテンツ活用法 楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤Splunk その効率的導入方法とは? 場所を選ばず簡単に設置可能な小型軽量のビーコンを用いて、人やモノなどの経営資源の位置情報や動きを「見える化」することで、業務効率アップや売上拡大を支援。 NECの専門部隊による的確なビッグデータ分析を実施し、有用な情報活用を支援するソリューション。売上拡大・コスト削減へ貢献し、新たなビジネス価値を創出する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067363


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ