Synology、4ベイから9ベイに拡張できる高性能NASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Synology、4ベイから9ベイに拡張できる高性能NASを出荷


掲載日:2016/05/16


News

 Synology Inc.は、拡張ユニットを増設することで9ベイのNASとして使用できる4ベイNAS「DS916+」の出荷を開始する。

 「DS916+」は、CPUにPentium N3710クワッドコアプロセッサを搭載しているほか、ハードウェア暗号化エンジンも搭載している。LANポートを2つ搭載し、リンクアグリゲーションに対応している。RAID 5構成/リンクアグリゲーション使用時で、読み取り速度225.91MBps以上/書き込み速度221.04MBps以上というデータ転送を達成している。

 メモリを2GB/8GB搭載した2ラインアップが用意されていて、価格はそれぞれ、8万円台前半、8万円台後半。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

バッチ処理時間の短縮で実感 オールフラッシュストレージの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】 HDD並みの価格で実現するオールフラッシュストレージの4つの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
NAS NAS NAS NAS NAS
OpenStack連携・5年保証の実力派フラッシュストレージ導入事例 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 導入前に知っておきたいオールフラッシュストレージの4つの効果

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067355


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ