システナ、パスワード不要の新認証方式を採用した製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


システナ、パスワード不要の新認証方式を採用した製品を発売


掲載日:2016/05/13


News

 株式会社システナと米国・StrongAuth,Inc.(ストロングオース)は、次世代認証方式“FIDO”(Fast IDentity Online)を採用したセキュリティソフトウェアソリューション、アプライアンス製品を発売する。

 今回、ストロングオースが保有しているセキュリティ基盤技術と、システナのスマートフォンセキュリティソリューションを組み合わせることで、パスワード不要で安全性を確保でき、サービス事業者がサービスを提供できる製品が開発された。また、両社は、グローバルで実績のあるセキュリティ対策技術を、既存のシステム環境を活用して導入するための支援を行なう。

 サーバー側への導入では、用途に応じたアプライアンス製品が用意されている。「KeyAppliance 3.0」は、暗号化されたハードウェアモジュールが組み込まれた、ハードウェア/ソフトウェア統合アプライアンス。「Data Protection Appliance 2.0」は、「KeyAppliance」の上位製品で、CryptoDocument Orchestratorモジュールを搭載することで、ドキュメントの暗号化/復号化の作業負荷を自動的に管理できるほか、「keyAppliance」に比べ大量のデータ処理を行なえる。

 クライアント(スマートフォンアプリケーション)側では、システナが組み込みを行なえるほか、SDK(Software Development Kit)が用意されているため、現在のアプリケーションをそのままに強固なセキュリティ環境を構築できる。iOS/Andoridに対応しているため、様々なスマートフォンやタブレットサービスに使用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 AXIOLE 【ネットスプリング】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067327


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ