日本IBM、ハイブリッド・クラウド対応のDBサービスと製品を拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ハイブリッド・クラウド対応のDBサービスと製品を拡充


掲載日:2016/05/12


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、ハイブリッド・クラウド環境でのデータ活用と様々なデータを扱えるアプリケーション開発を支援するため、ハイブリッド・クラウド対応のDBサービスと製品を拡充する。

 今回の拡充により、クラウドで提供するデータ分析環境サービス「IBM Cloud Data Services」では、「IBM Compose Enterprise」「IBM Graph(ベータ版)」「IBM Predictive Analytics」「IBM Analytics Exchange(ベータ版)」が提供される。同サービスを利用することで、データ分析環境の構築と管理に関わる業務の生産性向上や、オープンソース・ソフトウェアの技術を利用した顧客サービスの向上、IoT(Internet of Things)などの業務で求められる各種データ分析の実現を図れる。

 「IBM DB2 11」では、複数のDBを1つの仮想DBとして扱い、他社製DBやHadoopなどへも透過的にアクセスできるフェデレーション機能を標準装備する。また、インメモリとカラムナー処理などに適した“BLU Acceleration”機能を超並列処理(MPP)ネットワーク・クラスタ・アーキテクチャに導入することで、パフォーマンス向上も可能になる。

 「IBM dashDB Transactional」は、フルマネージドのクラウドサービスとして、パフォーマンスに優れたトランザクション型DBを提供する。データウェアハウス「dashDB」と同じコンソールから、テーブルやデータを操作できる。また、GUIによるドラッグ&ドロップを主体とする操作でのETLジョブの設定や、データ量増加に応じた並列変換プロセスなどの機能を備えたETLツール「IBM DataStage」を、クラウド上でそのまま利用可能になる。

 「IBM Compose Enterprise」では、様々なDBaaS(Database as a Service)製品が提供される。また「IBM Graph」では、ソーシャル・ネットワークなどの人と人や、IoTなどの物と物の関係性を表現するグラフ構造を、Apache TinkerPop上に構築したクラウド・データ・サービスを提供する。

 「IBM Predictive Analytics」は、データアナリストが作成した“顧客の行動”“機器の故障”などの予測モデルを、業務アプリケーション開発者がREST APIを使って迅速に利用可能にする。「IBM Analytics Exchange」では、分析やアプリケーションへの統合が可能な150以上のデータ・セットを集めたカタログ形式のマーケットプレイスを利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 クラウド移行・データベース見直しでTCOを削減、成長分野へ投資をシフト 【日本マイクロソフト+他】 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣 【ドリーム・アーツ】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 顧客データの分散状況を解決、パーソナルマーケティング基盤とは 【富士通】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
システムの引き継ぎ、メンテナンスが大変…脱Access大作戦! 老朽化システムの延命を目的にシステムの移行を図る企業が多い。しかし、単なる入れ替えでは新しい価値を生まない。必要なのは新たな価値を与え、成長を実現することだ。 20年以上利用した業務基盤の刷新 大量のDB移行をどう解決した? 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 “使える”データ統合の実現法、ソーシャルからの流入が300%向上した理由とは

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067319


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ