スプリーム、キャンペーン管理の新版で自動課題抽出などを可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スプリーム、キャンペーン管理の新版で自動課題抽出などを可能に


掲載日:2016/05/10


News

 スプリームシステムコンサルティング株式会社(スプリーム)は、キャンペーン管理ツール「Aimstar(エイムスター)Ver.7」を発売した。

 「Aimstar」では、企業が持つ様々なデータを統合して、分析テンプレートやマイニング機能により分析し、顧客に対して適切なメッセージを適切なチャネル/タイミングで1対1で送り届けられる。メール/DM/カタログ/DSP/CMS/プッシュ通知など様々なチャネルを利用したキャンペーンを一元管理でき、顧客を育成するためのシナリオキャンペーンを自動化できる。

 今回のバージョンでは、同製品が自ら分析してKPI実績値や予測値を基に自動で課題を抽出できる。顧客/商品セグメントごとのKPIを日次/週次バッチ処理で自動算出し、トレンドを抽出した結果、未来値の大きな変化がある場合や異常値を発見した場合に自動でアラート通知することで、ユーザは問題が深刻化する前に検知できる。

 機械学習でデータ分析を効率化/自動化できる。ディープニューラルネットワークにより購買やWeb等でのキャンペーン反応などのデータを基に学習し、顧客の反応予測モデルを自動作成して、強化学習によりモデルを強固にできる。モデル適用後のスコアリングからターゲティングを行なえる。

 シナリオキャンペーンの機能も向上した。“Aキャンペーンを実施した5日後に、Bキャンペーンを実施する”といったタイムトリガーキャンペーンや、“顧客がログインしたら、Cキャンペーンを実施する”といったイベントトリガーキャンペーンを行なえる。それらを組み合わせたシナリオキャンペーンを自動実行し、セグメント/シナリオごとに効果を検証できる。

 “LTVが高い媒体を見つけたい”“顧客ごとに購買確率が高い商品を勧めたい”など、業務の目的に応じた操作手順やポイントを説明する“業務シナリオUI”や、ダイナミックに分析した結果から抽出し、また分析を繰り返すことで、レポート作成やキャンペーン対象者の抽出を行なう“トライ&エラーUI”など、用途に応じた複数のUIを搭載している。


出荷日・発売日 2016年5月9日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「スプリームシステムコンサルティング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「スプリームシステムコンサルティング」ニュース

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 【セールスフォース・ドットコム】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? 【日本ライフレイ】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 CRM導入事例:ミキハウス他、カスタマーサポート品質向上の秘訣とは? 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM CRM CRM
カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 CRM導入事例:ミキハウス他、カスタマーサポート品質向上の秘訣とは?

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067247


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ