SBT、クラウドのセキュリティを一元的に支援するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、クラウドのセキュリティを一元的に支援するサービスを提供


掲載日:2016/05/09


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、クラウドにおけるセキュリティ対策を支援する「マネージド・セキュリティ・サービス」(MSS)の提供を6月(予定)に開始する。

 「マネージド・セキュリティ・サービス」は、ユーザが利用するセキュリティソリューションの運用・監視を、同社が一元的に代行するサービス。サイバーセキュリティの専門家であるセキュリティアナリストが24時間365日常駐し、運用・監視を実施する。セキュリティアナリストは、セキュリティログの危険度や影響範囲の程度を判別し、必要な措置を提案・サポートする。

 主なメニューとしては、システム監視・セキュリティ監視・チューニング・レポーティング・ヘルプデスクなどを提供する、Webサイト向けの「Webセキュリティ」とメールシステム向けの「Mailセキュリティ」、サーバーの侵入検知防御やファイアウォール、不正プログラム対策、セキュリティログ監視などを提供する「Hostセキュリティ」が用意される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行 【クラスメソッド+他】 クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】 ベンダー機種不問、保守切れ製品保守延長可、それって一体? 【日本アイ・ビー・エム】 事例:マルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは 【日本アイ・ビー・エム】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
Amazon Auroraで高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行 マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。 ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体? 導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067233


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ