シャープ、人感センサ搭載のデジタルフルカラー複合機などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、人感センサ搭載のデジタルフルカラー複合機などを発売


掲載日:2016/05/06


News

 シャープ株式会社は、デジタルフルカラー複合機の中高速機として、「MX-6150FN」「MX-5150FN」「MX-4150FN」の3モデルと、近づいてくる利用者を感知して自動的に操作パネルが点灯する“人感センサ”を搭載した「MX-6170FN」「MX-5170FN」「MX-4170FN」の計6モデルを5月13日に発売する。

 “人感センサ”では、オフィスの広さやレイアウトに合わせて、3段階で検知エリアを切り替えられる。また、「MX-6170FN」「MX-5170FN」「MX-6150FN」「MX-5150FN」は、トナーがなくなると使い終わった色のトナーカートリッジが自動的に押し出されるほか、コピーやプリントの途中でトナーが切れても、出力しながらトナーを交換できる。いずれのモデルも、操作部に視認性に優れた10.1インチの大型カラー液晶タッチパネルを備え、大きくシンプルなアイコンデザインを採用しているほか、よく使う機能だけを表示する“シンプルモード”を搭載している。更に、操作パネルを本体の右側に配置し、排紙部の開口部を大きくしたことで、出力物が見やすく、取り出しやすくなっている。

 「MX-6170FN」「MX-5170FN」「MX-4170FN」は両面原稿を表裏同時に読み込み可能で、毎分200面の高速スキャンが可能(「MX-6150FN」「MX-5150FN」「MX-4150FN」は毎分80枚)。

 「3sweb Sharpdesk Online」「OneDrive」「Google Drive」などのクラウドサービスに対応している。また、原稿台に複数の原稿をセットし、一度のスキャンで自動的に切り出して個別にファイル化する“マルチクロップ機能”を搭載しているほか、低騒音ブラシレスモーターや低騒音駆動ユニットを搭載し、音漏れを防止する静音化設計を採用している。

 「MX-6170FN」「MX-5170FN」「MX-4170FN」では、本体のOCR機能を利用してスキャンしたテキストデータを“サーチャブルPDF”(文字情報の検索やコピーが可能なPDFファイル)やOfficeファイルとして利用できるほか、複数の名刺をまとめてスキャンし、名刺1枚分ずつ個別のファイルとして保存できる。

 価格は、人感センサ搭載で複写速度(A4ヨコ)が毎分61枚の「MX-6170FN」が236万円、同51枚の「MX-5170FN」が217万円、同41枚の「MX-4170FN」が198万円、人感センサ非搭載で同61枚の「MX-6150FN」が221万円、同51枚の「MX-5150FN」が202万円、同41枚の「MX-4150FN」が183万円。


出荷日・発売日 2016年5月13日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067198


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ