アーティセン、最新Xeon採用のパケット/サーバーブレードを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アーティセン、最新Xeon採用のパケット/サーバーブレードを発表


掲載日:2016/05/02


News

 アーティセン・エンベデッドテクノロジーズ(アーティセン)は、ディープパケットインスペクションやファイアウォール/侵入防御、データ暗号化/復号などのコンピューティング集約型タスク用に設計されたパケット/サーバーブレード「ATCA-7490」を発表した。

 「ATCA-7490」は、オンボードの負荷分散/フィルタリング機能を備えているほか、複数の10/40/100Gイーサネットスイッチインターフェースを組み合わせてラインレートの処理を行なえる。

 商用オフザシェルフ技術を中心に構築されたブレードアーキテクチャは、米国国防総省のモジュラーオープンシステムアプローチに準拠している。拡張性や保守容易性、マルチベンダ環境での相互運用性を備え、配線の簡素化を図れる。また、Red Hat Enterprise LinuxやCentOSなどオープンソースのOSに、オープンスタックを組み合わせた同製品のリソースは、クラウド環境でのアクセスやその共有が可能になっている。

 ボードは、2個のXeonプロセッサE5-2600 v4ファミリーにより最大40 CPUコアで最適化されたコンピューティング性能を備えている。また、DDR4やPCIe Gen 3プロトコルを採用したことで、メインメモリやI/Oへのデータパスの最適化が図られている。メモリ容量は最大512GBまで拡張できる。

 CPUに直接接続するオプションのハードウェアアクセラレータが用意されている。暗号化/復号アルゴリズム用に最適化され、セキュリティアプリケーション内の暗号化データのスループット向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067189


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ