採用:横浜市、区局共通グループウェアにサイボウズを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:横浜市、区局共通グループウェアにサイボウズを採用


掲載日:2016/05/02


News

 サイボウズ株式会社は、横浜市の区局共通グループウェアとして、エンタープライズ向けグループウェア「サイボウズ ガルーン」が導入されたと発表した。

 「サイボウズ ガルーン」は、数万人規模でも利用できるスケーラビリティと使いやすさを備えたエンタープライズグループウェア。全社の情報共有基盤としての役割のほか、部門や拠点間の垣根を越えたコミュニケーションを促進できる。また、多言語/タイムゾーン対応で企業の国際化も支援する。

 横浜市では、従来各区局で個別のグループウェアを活用していたが、区局を超えて職員が異動する際、以前使っていたグループウェア環境を引き継げないなど、区局間で情報連携されていないことによる非効率が散見されていたという。また、各区局で個別に導入されていたグループウェアの稼働OSの多くが、2015年7月にサポート終了するWindows Server 2003であったことから、区局共通グループウェアの検討を進めていたと伝えている。検討の結果、2014年度に統一基盤として同グループウェアを採用し、2015年3月から稼働して現在は約8000名で利用していると述べている。

 導入の結果、区局をまたいだスケジュール調整などが楽になり内部事務が効率化されたほか、区局間での情報共有の促進にもつながっていると伝えている。また、人事情報との連携により、これまで毎年度各区局で実施されていた異動にともなう利用者情報の管理作業が軽減されたとしている。

 同市では、2020年には市庁舎を移転し、現在民間ビルに点在している執務室のほとんどが1ヵ所の市庁舎に集まる予定で、会議室の共有などを行なうためにもグループウェアの統合が必須となるため、新市庁舎への移転前に全区局への導入を目指すと伝えている。今後4年をかけ利用者を徐々に拡大していき、2019年度にほぼ全区局、約2万人での利用を予定しているという。まずは、各区局への展開を目標としてスケジュール共有化を行なったあと、同グループウェアの機能を利用して、情報共有の効率化を図ると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「Box」と他社コラボツールの比較で見えた、セキュリティ・ガバナンス必須機能 【Box Japan】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 【Box Japan】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
「Box」と他社コラボツールの比較で見えた、セキュリティ・ガバナンス必須機能 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067184


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ