NTTデータなど、全世界の陸地対応の高精度なデジタル3D地図提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータなど、全世界の陸地対応の高精度なデジタル3D地図提供


掲載日:2016/04/28


News

 株式会社NTTデータと一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)は、衛星画像を利用した高精度なデジタル3D地図「AW3D全世界デジタル3D地図」で、全世界の陸地を3D地図として、提供を開始した。

 「AW3D全世界デジタル3D地図」は、5m解像度の数値標高モデル(DEM)で、世界中の陸地の起伏を表現する3D地図。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携し、陸域観測技術衛星“だいち(ALOS)”によって撮影された約300万枚の衛星画像を用いている。2014年2月より整備完了エリアから地図提供を進めてきたもので、今回、新たに南極や諸島地域が整備されたことで全世界での対応が完了した。

 5m解像度の細かさと5mの高さ精度で陸地の起伏を表現でき、要望に応じて水平位置を示す正射投影(オルソ補正)画像も提供する。また、提供範囲は任意に選択できる。国境を越えるような大規模な自然災害の予測・対策や、新興国における交通・エネルギーなどのインフラ整備、資源地域の調査におけるシミュレーションなどへの利用が想定されている。

 このほか、より高精細な地図データが必要とされる都市エリアでは、従来から提供されていた「高精細版 2m解像度」の地図提供に加え、高解像度衛星画像を利用して更に解像度を高めた「高精細版 50cm解像度」と、建物1棟1棟の形状を表現した「建物3D地図」も提供される。これにより、都市計画分野や施設管理分野、通信分野における電波障害エリアの把握、施設計画における見通し解析などにも利用できる。

 なお価格は、メッシュサイズ5mの場合で1平方キロメートルあたり200円から、国や大陸、全世界などの広い面積の利用は個別のボリューム価格となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067140


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ