リコー、LED方式のA3カラープリンター2機種4モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、LED方式のA3カラープリンター2機種4モデルを発売


掲載日:2016/04/27


News

 株式会社リコーは、LED方式のA3カラープリンター「RICOH SP C751/C750」シリーズ2機種4モデルを5月10日に発売する。

 今回の新製品では、4.3インチのカラー液晶タッチパネルを搭載し、スムーズな操作性を提供するモデルや、トナー/消耗品/メンテナンスパーツを含んだ保守サービス“M-PaC保守”に対応したモデルなどが用意されている。連続プリント速度は、カラー/モノクロとも片面毎分35枚、両面毎分27ページ(いずれもA4ヨコ)。耐久性も60万ページで安定的な印刷品質を維持できる。ファーストプリントも9.5秒に高速化されている。1200×1200dpiの高解像度を達成し、LEDヘッド書き込み方式を採用したことで、高精彩な画像描写を行なえ、細かい文字や線を美しく再現できる。

 iOSに標準搭載されているプリント機能“AirPrint”や、プリンターと機器を直接接続できる“Wi-Fi Direct”(要オプションの拡張無線LANボード)にも対応し、スマートデバイスを業務ツールとして活用している企業のニーズに対応する。また、「拡張USBプリントサーバー タイプP9」を装着することで、情報系と基幹系のように異なる2系統のネットワークからの入力を1台に集約しながら分散出力できるほか、非接触ICカードを使用した「リコー 個人認証システムAE2」(別売)に対応し、機器の利用を管理/制限でき、オンデマンド印刷で印刷物の取り間違えや取り忘れに起因する情報漏洩を抑止できる。

 本体は幅484mm×奥行き552mm×高さ360mmとコンパクトで、オフィスのデスクサイドや店舗窓口など様々な場所に設置できる。消耗品交換やメンテナンスを前面から行なえるフロントオペレーションを採用しているほか、交換頻度の高いブラックトナーは、前カバーを開ける操作で行なえる。

 B6ハーフから長尺紙まで様々な用紙サイズに対応し、流通業などの店舗で訴求力のある販促用POPなどを、タイムリーに出力できる。用紙厚は、薄紙から厚紙まで対応し、質感の高い名刺やポストカード、イベントなどの招待状といった厚みのある用紙も出力できる。

 スリープモード時の消費電力は1.0W以下で、オフィスの省エネ・低コストを支援する。光センサ(ECOナイトセンサ)を利用して機器周囲の明るさを検知し、自動的に主電源をオフ/オンする機能を搭載していて、機器の不使用時など、消費電力の低減を支援する。


出荷日・発売日 2016年5月10日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067110


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ