キヤノン、レーザープリンター/複合機のA4対応高速機などを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、レーザープリンター/複合機のA4対応高速機などを拡充


掲載日:2016/04/25


News

 キヤノンは、毎分62枚(A4片面)の出力が可能なモノクロレーザープリンターをはじめ、カラーレーザープリンターやモノクロレーザー複合機などの高速機のラインアップ拡充を図った10機種を、4月22日から順次発売する。

 A4対応モノクロレーザープリンター「Satera LBP352i」は出力可能枚数が毎分62枚、「Satera LBP351i」は毎分55枚。A4片面印刷のファーストプリントタイムは、「Satera LBP352i」が約7秒、「Satera LBP351i」が約7.2秒、電源投入から印刷可能になるまでのウォームアップタイムは、高速起動設定時で12秒以下に抑えられている。また、オプション装着で最大3800枚の給紙も可能で、2万5000ページを印刷可能な大容量トナーカートリッジが採用されている。

 A4対応カラーレーザープリンターでは、カラー/モノクロともにA4片面印刷で毎分38枚、A5片面印刷では毎分59枚の出力が可能な「Satera LBP712Ci」が追加。幅458mm×奥行き464mmとコンパクト設計で、新カートリッジと新しい色設計の採用により印刷時の色域や画質の向上も図られている。

 A4対応モノクロレーザー複合機で追加されたのは、A4片面印刷で毎分40枚の「Satera MF511dw」、毎分33枚の「Satera MF417dw」。アプリケーションやデータサイズに応じたデータ処理により、高速化を支援するプリンタードライバ「LIPS LX」を標準装備している。また、無線LANに標準で対応するほか、モバイル機器と連携した印刷やスキャンが可能なアプリケーション「Canon PRINT Business」が用意されている。AirPrintやMopriaなどのモバイルプリントにも対応する。

 A4対応モノクロレーザープリンターのデスクトップ型コンパクトモデルとして、毎分33枚の「Satera LBP252」、毎分30枚の「Satera LBP251」も追加。無線LANや「Canon PRINT Business」、AirPrintやMopriaにも対応する。

 A3対応カラーレーザープリンターでは、カラー/モノクロともに毎分31枚の出力が可能な「Satera LBP843Ci/842C」と、毎分26枚の「Satera LBP841C」の3機種が追加される。スリープ時の消費電力を0.9W以下に抑えているほか、“国際エネルギースタープログラム製品基準バージョン2.0”に適合する低消費電力化が図られている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067077


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ