FFRI、マルウェア自動解析ツールの新版で検出力などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FFRI、マルウェア自動解析ツールの新版で検出力などを強化


掲載日:2016/04/22


News

 株式会社FFRIは、マルウェア自動解析ツールをバージョンアップした「FFR yarai analyzer Version1.5」の出荷を開始した。

 「FFR yarai analyzer」は、マルウェアと疑わしきファイルを任意の検査フォルダに置くことで、自動的に解析が実行され、解析結果レポートを出力するツール。ユーザはマルウェア解析のための専門知識が不要で、容易にマルウェアの危険性や影響を把握できる。また、標的型攻撃対策製品「FFR yarai」のプログレッシブ・ヒューリスティック技術を用いた検知エンジンを搭載していて、未知のマルウェアや0-day脆弱性攻撃の検出も可能になっている。

 今回のバージョンアップでは、解析エンジンのアップデートによりマルウェア検出力の強化が図られたほか、SOC等での利用においてゲストOSの状況(セキュリティ更新プログラム適用の有無、ソフトウェアのバージョンなど)を変化させながらマルウェア解析するケースにも対応し、スナップショット指定機能が追加された。また、対応ゲストOSの拡充やレポート・管理機能の強化も行なわれた。


出荷日・発売日 2016年4月21日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか 人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067049


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ