日本NI、IIoTに対応する工場向け状態監視用ソフトの新版を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本NI、IIoTに対応する工場向け状態監視用ソフトの新版を発表


掲載日:2016/04/20


News

 日本ナショナルインスツルメンツ株式会社(日本NI)は、機械のメンテナンスや運用にかかる設備投資の健全性把握を支援するソフトウェアソリューション「NI InsightCM Enterprise」の新版を発表した。

 「InsightCM」は、オンラインでの工場全体の状態監視機能を備えた、IIoT(Industrial Internet of Things)に対応する状態監視用ソフト。油田/ガス田、発電、採鉱、鉄道、工業関連の製造などの業界において、機械性能の最適化や、稼働時間の最大化、保守コストの削減、安全性の向上を支援する。

 同社が提供するIIoT技術に対応する様々なプラットフォームは、シームレスに統合でき、様々なセンサを対象とした分散型の計測、ネットワークエッジにおける処理/解析、オープンな通信、データの管理といった機能を提供する。これにより、エッジコンピューティングによる“意味のある情報”の取得を支援し、データが解析できずに終わってしまうといった課題の解決を図れる。

 同製品により保守作業を効率化することで、保守担当者の数を増やさずに、より多くの設備を監視対象にできる。また、1つのエンタープライズソフトウェアに、電気的測定をベースとしたMCSA(モータ電流徴候解析)を実施するための振動測定ツールや温度測定ツールを統合可能になる。

 CMMS(設備保全管理システム)や、SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)、DBヒストリアン、故障予測ツールといった他社製のエンタープライズソフトウェアパッケージにも接続可能になっている。また、重要な設備から監視を開始し、その後監視範囲を数百台ある補助的な設備に順次拡大するといった運用も可能になっている。

 「NI InsightCM Software Development Kit」の新版を使用することで、他社製のハードウェアへの接続機能やカスタムの解析機能を追加できる。ハードウェアプラットフォームである「NI CompactRIO」向けに提供されている100種以上のセンサモジュールも利用できる。オープンな技術プラットフォーム上に構築されていて、各種装置やツールのベンダに依存せず、様々な業務の運用方法に適応できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「生産管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生産管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「生産管理システム」関連の製品

FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】 生産管理システム AMMIC/NetP 【電通国際情報サービス】
生産管理システム 生産管理システム
生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。 組み立て系からプロセスまで、製造業の幅広い業種に対応する純国産の生産管理パッケージ。様々な管理指標の切り口での正確な原価の把握を可能にする。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20067012


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ