S&I、FMCソリューションとSkype for Businessが相互連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


S&I、FMCソリューションとSkype for Businessが相互連携


掲載日:2016/04/20


News

 エス・アンド・アイ株式会社(S&I)は、スマートフォン内線化ソリューション「uniConnect」と、日本マイクロソフト株式会社が提供する「Skype for Business」(旧Lync)の相互連携を可能にしたと発表した。

 「Office 365/Skype for Business」では、スケジュールやプレゼンス(在席情報)を共有しながら、場所やデバイスを選ばずにコミュニケーションや業務ができる。

 S&Iは今回、「uniConnect」で新たに開発したコネクターモジュール“LMConnector”で、「Skype for Business Server」及び「Skype for Business Online」との相互連携を可能にする。また、「Skype for Business Server」利用時は、Edgeサーバを利用したプレゼンス情報の連携及び、Active Directoryによるユーザ情報の一元管理にも対応する。

 相互連携により、スマートフォンを用いた会社番号発着信時の「Skype for Business」のプレゼンス連携と「Skype for Business」クライアントからの会社番号発着信及びプレゼンス連携が可能になる。

 プレゼンス状況を把握しながら、スマートフォンや、PC、タブレットから、オフィスの内外線番号での発着信、代理応答や保留/転送など、固定電話が担っていた機能を様々なデバイスで利用できるようになるほか、「uniConnect」は、IP通話に加えて、通常の携帯通話モードでも会社番号利用ができるため、オフィス以外でも安定した通話品質を確保できる。また、「Skype for Business Plus CAL」が不要となるため、コスト抑制も図れる。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ 【arcserve Japan】 現状に合わせた最適化が必須!“バックアップ見直し”のススメ 【arcserve Japan】
ワークフロー バックアップツール NAS バックアップツール バックアップツール
承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは? その重複排除では重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ 最大12TBまで使い放題!リストア楽々、簡単バックアップ
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066998



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ