Force Media、M.2 SSDを採用したコンパクト4ベイのNASbookを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Force Media、M.2 SSDを採用したコンパクト4ベイのNASbookを出荷


掲載日:2016/04/19


News

 株式会社フォースメディア(Force Media)は、QNAPの「Turbo NAS」シリーズの新機種で、M.2 SSDを採用したコンパクトな4ベイNAS「TBS-453A」の出荷を4月下旬に開始する。

 「TBS-453A」は、“NASbook”コンセプトで設計されたB5サイズの薄型ケースに、クアッドコアCeleron N3150(1.6GHz、最大2.08GHz)、標準4GBのDDR3L-1600 RAM(最大8GB)、M.2 SSD 4ベイ、4ポートの内蔵ネットワークスイッチ、4K出力に対応したHDMI 2ポートを装備している。CPUはAES(Advanced Encryption Standard)-NIを利用したハードウェア暗号化機能を標準で搭載し、ビジネス上の高いセキュリティ要求に対応する。

 QNAPの仮想化技術を備え、NAS OS「QTS」とLinuxのデュアルシステムとして使用でき、QTSの“Appセンター”からクラウド連携などの追加アプリケーションをダウンロードできるほか、Linuxプラットフォーム上にIoTパッケージなどをインストールできる。キーボード/マウス/HDMIディスプレイを接続して、NASをPCのように利用することもできる。

 同製品上に複数の仮想マシン(VM)を作成して、Windows/Linuxなどの異なるOSを実行できる。QTSのVirtualization Stationを利用することで、VMのインポート/エクスポート、スナップショット、仮想スイッチの設定を容易に行なえる。また、Container Stationを利用することで、LXCとDockerの軽量仮想化技術を統合でき、Linuxベースの仮想マシンとコンテナ化されたアプリケーションを容易に展開することもできる。

 また同社は、導入後の安定的な運用を支援するサポートも提供している。


出荷日・発売日 2016年4月下旬 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】
NAS NAS NAS NAS NAS
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066979


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ