エプソン、レーザー光源搭載常設プロジェクターなど11機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、レーザー光源搭載常設プロジェクターなど11機種を発売


掲載日:2016/04/19


News

 エプソンは、レーザー光源を採用した3LCD方式のビジネスプロジェクター6機種など全11機種の常設プロジェクターを、5月下旬から順次発売する。

 今回発売される製品は、再現できる色域が広い3LCD方式を採用し、色再現性の高いカラー映像を高光束で投写できるほか、レーザー光源モデルでは光の利用効率が高いレーザー光源を使用しているため、大会議室やホールなどの広い空間での使用に適している。

 1画素を斜めに0.5画素シフトさせることで、解像度を2倍にして4K解像度を実現する技術“4Kエンハンスメントテクノロジー”を搭載し、高精細な4K映像を投写できる(対応機種は「EB-L25000U」「EB-L1505U」「EB-L1500U」「EB-L1405U」「EB-L1300U」「EB-L1100U」「EB-G7900U」「EB-G7400U」)。

 蛍光体とLCDパネルは無機素材でできていて、これらとレーザー光源を組み合わせることで、2万時間のメンテナンスフリー(製品の使用開始時に比べ明るさが50%低減するまでのおおよその時間)という高い信頼性を備えている。また、いずれの機種も保証期間が購入後3年または2万時間(いずれか早い方)で、保証期間中はトラブルに迅速に対応し、指定の場所でのサービスエンジニアによる出張修理などが可能。

 レーザー光源モデル「EB-L25000U」「EB-L1505U」「EB-L1500U」「EB-L1405U」「EB-L1300U」「EB-L1100U」は、内蔵カメラによる“自動画質補正機能”を搭載し、複数台の色の違いを同時に自動補正できる。また、“全方位360度設置”に対応し、様々なポジションからの投写が可能で、オプションレンズにより、プロジェクションマッピングやデジタルサイネージなど、様々な用途や場所に対応できる。

 天井や床に設置したプロジェクターから超短焦点での投写を可能にするレンズ“ゼロオフセット超短焦点レンズ”に対応し、投写距離1mで134インチの大画面投写ができる(対応機種は「EB-L1405U」「EB-L1300U」「EB-L1100U」「EB-G7900U」「EB-G7400U」「EB-G7200W」「EB-G7000W」「EB-G7800」)。

 価格は、最上位機種の「EB-L25000U」が未定で、そのほかはオープン価格。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066969


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ