日立システムズ、VMware vSphereやAWSの運用自動化サービス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システムズ、VMware vSphereやAWSの運用自動化サービス発売


掲載日:2016/04/13


News

 株式会社日立システムズは、クラウド環境における仮想マシン作成などの運用業務の自動化や構成情報の可視化により、運用負荷の軽減を図れる「クラウド基盤運用自動化サービス」を発売した。

 「クラウド基盤運用自動化サービス」では、VMware vSphereで構築されたプライベートクラウドを対象にした「運用アセスメント」と「運用自動化システム for VMware vSphere」、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を対象にした「運用自動化システム for AWS」と「運用自動化システム(SaaS)for AWS」の4つのサービスが提供される。

 「運用アセスメント」では、クラウド基盤のシステムログから運用者の操作内容をフロー図として自動生成することで、現在の運用作業状況を可視化でき、現行運用業務の分析が可能になる。また、運用自動化システム導入による運用改善効果の評価レポートがシステムログから自動生成されるため、ユーザの作業負担なく最短4営業日で評価できる。

 「運用自動化システム for VMware vSphere」では、クラウド基盤の仮想マシンの作成や環境設定、電源操作、スナップショット取得などの各運用業務をスケジュールに登録することで、人手を介さずに自動で実行できる。また、仮想マシンなどの構成情報やリソース情報をグラフィカルに表示でき、構成情報は時点管理が可能なので、構成変更時に過去情報を確認できる。

 「運用自動化システム for AWS」と「運用自動化システム(SaaS)for AWS」では、AWS上にある仮想マシンの起動/停止/バックアップなど、日々の運用業務をスケジュールに登録することで、自動で実行できる。また、仮想マシンや負荷分散装置などの構成情報をグラフィカルに表示でき、基盤全体の状態を容易に把握できる。表示された構成情報は詳細なプロパティ情報とともにExcelファイル形式でダウンロードでき、構成管理資料として活用できる。

 これらにより、運用業務の迅速化や負担軽減に加え、属人化や人為的ミスの防止を図れる。


出荷日・発売日 2016年4月12日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日立システムズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066891


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ