日立情報通信エンジニアリング、通話録音からのVoC分析製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立情報通信エンジニアリング、通話録音からのVoC分析製品発売


掲載日:2016/04/13


News

 株式会社日立情報通信エンジニアリングは、通話録音ファイルから会話内容をテキスト化、分析表示する音声利活用プラットフォーム「Recware/SA(Speech Analytics)」を発売した。

 「Recware/SA」は、証拠保全・証跡管理により顧客対応改善やトラブル防止、コンプライアンス・内部統制対応を支援する音声録音システム「Recware III」と連携したソフトウェア。「Recware III」の通話録音ファイルから、テキスト情報と非言語情報を抽出してマイニングしやすい情報を生成できる。これにより、VoC(Voice of Customer)分析の効率化や通話録音ファイルのテキスト化による検索機能の向上などを図れる。

 音声認識エンジンは、人間の脳を模した機械学習技術である“DNN(Deep Neural Network)方式”を採用していて、認識率の向上を図っている。また、声の大きさ、会話のタイミングによる重なり(同時発言)などテキスト情報だけでは判断できない非言語情報の抽出と、担当者IDや内線・外線番号、通話時間などの属性情報をまとめてDB化することもできる。

 視覚的な表現にも配慮されていて、発言者が分かりやすいよう対比しての会話の表示や、声の大きさや発言の区切りを波形表示する機能を備えている。また、会話評価機能により、オペレータの発話に必須な単語の確認やNGワードの発生回数、会話の重なりの回数・時間、電話の保留回数・保留時間などを数値化してチャート表示することもできる。

 「Recware III」と連携したアクセス制御機能を備え、DBのセキュリティでは暗号化ファイル、アクセス制限設定(職級・所属・担当案件など任意に付与可能)、監査証跡機能によるセキュリティ管理が可能になっている。

 なお価格は、100席(ソフトライセンス)で2000万円から。別途、ユーザ環境に応じてハードウェア費用やSI費用が必要になる。


出荷日・発売日 2016年4月12日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他データ分析関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他データ分析関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他データ分析関連」関連の製品

次世代 数理計画法システム LocalSolver 【MSI】
その他データ分析関連
メタヒューリステイック・アプローチによって、大規模組み合わせ最適化問題に対して高品質な解を短時間で導き出す、本格的オールインワン数理計画汎用ソルバー。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066884


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ