JBAT、顧客データの名寄せを自動化できるクラウドサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBAT、顧客データの名寄せを自動化できるクラウドサービスを提供


掲載日:2016/04/12


News

 JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(JBAT)は、顧客データのクレンジングや名寄せ作業を自動化し、マーケティング活動を支援するクラウドサービス「デジピタ」の提供を5月末(予定)に開始する。価格は、基本料金と1ユーザライセンスで月額5万円から。

 「デジピタ」では、あらかじめ用意された変換フィルタを使用して、形式が異なるデータフォーマットを自動変換し、統一できる。また、複数のデータ項目を突き合わせて名寄せ作業を自動化し、入手経路が異なる複数のデータを統合できる。処理したデータは作業内容とともに記録/保管され、変更履歴を確認できる。「Amazon S3(Amazon Simple Storage Service)」の契約があれば、クラウド上にデータを保管できる。

 次期バージョンでは、管理画面からデータを分割して個別の担当者を割り当てられる機能が搭載される予定。複数人で並行してデータの確認/修正作業を行なえるほか、進捗状況を相互に確認できるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 基本料金+1ユーザライセンス:月額5万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 【日本マイクロソフト】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】
CRM CRM CRM CRM CRM
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066870


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ