富士通、メインフレームソフトでクラウドやモバイルとの連携向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、メインフレームソフトでクラウドやモバイルとの連携向上


掲載日:2016/04/08


News

 富士通株式会社は、メインフレーム「FUJITSU Server GS 21」シリーズ上のソフトウェアで、DB連携を行なう「FUJITSU Software Linkexpress Transactional Replication option(Linkexpress TRO)」など、クラウドやモバイルなどとの連携を向上させるための機能強化を行ない、順次提供を開始する。

 今回の機能強化では、オープンシステムとメインフレームを有機的に結びつけることで、基幹データ活用の可能性を拡大し、ユーザーのビジネス拡大、ワークスタイル変革、競争力強化を支援する。

 メインフレームとオープンシステムとのDB連携を行なう「Linkexpress TRO」は、オープンソースソフトウェア(OSS)のPostgreSQLやPostgreSQL互換のオープンインターフェースをサポートしたSymfowareにも対応し、メインフレーム上の基幹データの解析にOSSを使用する多数の安価なパッケージを利用できる。

 「FUJITSU Cloud Service K5」など、PostgreSQLを容易に導入できるパブリッククラウドサービスを活用することで、顧客情報や販売情報といった基幹データのビッグデータ解析システムを短期間で構築でき、新規ビジネスの早期立ち上げを支援する。

 モバイル端末などのWebブラウザからメインフレーム上の基幹業務を行なう「WSMGR for Web」のセキュリティ機能が拡充されている。新機能“アクセスコントロール”では、アクセスする利用者・端末ごとの操作制限に加え、未許可の操作が行なわれたことをシステム管理者に通知するなどの監視設定を行なえる。また、新機能“ログビューア”では、全ユーザの操作ログの検索や分析、監査時の調査を容易に行なえる。

 メインフレームとモバイル端末や拠点サーバなどとのデータ連携を行なう「FUJITSU Software VTAM-G」では、連携対象になる端末やサーバの追加時の連続可用性が向上したことで、現場のタブレットやスマートフォンなどのモバイル端末からメインフレームのデータに直接アクセスするといったワークスタイルを、メインフレーム上の業務・サービスを止めずに、柔軟に拡張できる。

 中小型メインフレームで、固定電話網やISDNを利用した企業間・システム間の通信ネットワークのスムーズなIP化を容易にするため、「FUJITSU Software NETSTAGE/OX」が新規に発売され、既存の業務アプリケーションの変更不要で通信ネットワークをIP化することで、システムの最適化を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066822


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ