カスペルスキー、セキュリティ製品の定義DB配信をLGWAN上で開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カスペルスキー、セキュリティ製品の定義DB配信をLGWAN上で開始


掲載日:2016/04/08


News

 株式会社カスペルスキーは、法人向けセキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security for Business」の定義DB配信サービス(Kaspersky Systems Managementでのパッチ配信機能は対象外)を、総合行政ネットワーク(LGWAN)上で4月28日に開始する。

 LGWANは、地方公共団体の組織内ネットワークを相互接続する行政専用のネットワーク。今回同社は、LGWAN-ASPサービスとしてLGWANに接続されたPCやサーバーに直接定義DBを配信する。

 LGWAN上で「Kaspersky Endpoint Security for Business」を利用している全PC/サーバーを対象に定義DBを配信することで、自治体のIT管理者がインターネットから取得した定義を手動で取り込んだり、セキュリティ製品の販売会社がLGWAN-ASPを構築するといった対応が不要になるため、運用管理の負荷軽減やコスト削減を図れる。

 定義DBの配信には、いわゆるパターンマッチング用の定義に加え、ヒューリスティック定義や振る舞い検知用の情報、脆弱性レポートで使用するOSやアプリケーションの脆弱性情報も含まれるため、「Kaspersky Endpoint Security for Business」を導入することで、セキュリティレベルの強化を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066820


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ