CTCT、システム障害の検知を自動化する保守サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTCT、システム障害の検知を自動化する保守サービスを提供


掲載日:2016/04/06


News

 シーティーシー・テクノロジー株式会社(CTCT)は、マルチベンダ環境での障害検知・切り分けのためのログ収集を自動化し、効率的なシステム保守を支援するサービス「Avail-I」の提供を開始した。価格は年額120万円から。

 「Avail-I」は、障害の検知や切り分けのためのログ収集など、障害発生にともなうシステム管理者の業務を自動化するためのサービス。ユーザサイトに設置した自動ログ収集サーバを通じて機器情報(ホスト名、機種名、S/N、OS、死活状況)やシステムに生じるイベントを監視し、障害や異常を検知した際には要因特定に必要なログを自動で収集して同社の管理サーバに送信する。収集した情報に基づき障害機器を特定し、保守契約に準じて保守エンジニアによる障害対応が行なわれる。

 これにより、ユーザが障害を切り分けたり、保守窓口に問い合わせたりすることが不要になり、自動化されていることで復旧までの時間短縮を図れる。また、製品や脆弱性に関連する警告情報(アラート)の有無を調査して提供するほか、ユーザ専用のポータルサイトがインターネットで提供され、インシデント情報や機器情報を確認できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 年額120万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 高可用性DBを構築――ノウハウ不要で始めるクラウド移行 【クラスメソッド+他】 御社製品の保守サポート、IBMに任せてみませんか? 【日本アイ・ビー・エム】 ベンダー機種不問、保守切れ製品保守延長可、それって一体? 【日本アイ・ビー・エム】 事例:マルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは 【日本アイ・ビー・エム】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 あの不動産情報会社がOracle DBからAmazon Auroraへ移行したわけ ITベンダーの人手不足解消となるか――保守インフラサービスはどこまでできる? ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体? 導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066756


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ