アライドテレシス、無線LANスイッチ/統合管理装置などリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アライドテレシス、無線LANスイッチ/統合管理装置などリリース


掲載日:2016/04/06


News

 アライドテレシス株式会社は、チャンネルブランケット無線LANシステム、エクストリコム無線LANシリーズの新製品で、無線LANスイッチ「MS-500」「MS-1000」「MS-1000-C」「MS-1000-3Bn」「MS-1000-3B32n-S」「MS-1000-3B32n-M」、無線LANアクセスポイント(AP)「RP-32n」「RP-22n」「RP-22En」、RP-22En用外付アンテナ「AT-xANT-DB-RPSMA」、統合管理装置「LS-3000」などを4月4日から順次リリースする。

 エクストリコム無線LANシステムは、単一フロアの中小規模企業から複数のビルを持つ大規模企業までに対応した企業向けワイヤレスインフラストラクチャ。チャンネルブランケット技術を採用し、エクストリコム無線LANスイッチに接続された複数のエクストリコム無線LAN APを干渉させずに同一チャンネルで運用できる。無線クライアントはスイッチにアソシエートし、全無線LAN APが同一チャンネルを使用するため、ブランケット内で無線クライアントが移動してもローミングを回避できる。

 「MS-500」は、2個のアップリンクギガビットイーサネット(GbE)ポートと、無線LAN APを接続する8個のPoEポートを搭載した小規模向けモデルで、「MS-1000」「MS-1000-C」は、2個のアップリンクGbEポートと、無線LAN APを接続する16個のPoEポートを搭載した中規模向けモデル。「MS-1000C」は、2台までのカスケード/レジリエンシー機能をサポートし、最大32台の無線LAN APを同一ブランケット上で動作させられ、「MS-1000-3B32n-M」は、「MS-1000-3B32n-S」と組み合わせて使用することでカスケード機能を利用できる。

 無線LAN APは、IEEE 802.11a/b/g/nに対応し、アンテナ内蔵の「RP-22n」「RP-32n」に加え、オプション(別売)外部アンテナ対応の「RP-22En」を利用することで、環境に合わせて柔軟に設置できる。「RP-22n」「RP-22En」は最大2つのブランケットを、「RP-32n」は最大3つのブランケットを同時に利用できる。

 統合管理装置である無線LANスイッチハードウェアプラットフォーム「LS-3000」は、2個のアップリンクGbEポートと8個の無線LANスイッチ専用ポートを搭載し、複数の無線LANスイッチを同一ブランケットに集約でき、8台までの「MS-1000/MS-1000-C」を接続することで最大128台までの無線LAN APを同一チャンネルで運用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN 無線LAN
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066749


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ