クライム、異機種DB間レプリケーションツールの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クライム、異機種DB間レプリケーションツールの新版を発売


掲載日:2016/04/05


News

 株式会社クライムは、米国HiT Software社が開発し、クライムが日本語化やサポートを手がける異機種DB間リアルタイム・レプリケーション・ツールの新バージョン「DBMoto 9」を発売した。

 「DBMoto」は、様々なDBに対応し、クラウドを含むDBの移行やバックアップ、災害対策(BCP)、他システムとの連携に利用できるリアルタイム・レプリケーション・ツール。今回の新バージョンでは、Hadoop Distributed File System(HDFS)とTeradataへのリアルタイム・データ・レプリケーションをサポートした。これにより、Teradata、SAP HANA、HP Vertica、IBM PureData System for Analytics、Hadoop、Google App Engine DatastoreなどのDB間で利用可能になった。

 また、Oracle、IBM DB2 for i、MySQLからのレプリケーション機能強化として、ネイティブなDBログを直接リードすることでレプリケーションのパフォーマンス向上も図られている。LOB(Large Binary Object)データ型のレプリケーションに対応し、新たにOracleとIBM DB2 for iでBLOB/CLOBのデータタイプの差分ミラーリングレプリケーションが可能になっている。トランザクション・レプリケーション機能では、コミット制御のサポートを導入し、発行クエリ数の削減による速度向上を図っている。レプリケーション検証用に、新規スケジュール機能も追加された。


出荷日・発売日 2016年4月4日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】 「バックアップはどれも同じ」ではない、ビジネスを加速するツール選びとは 【Veeam Software Japan】 データ保護に関するアンケート 【ネットワールド/arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? ベンダーによる長年の機能改善もあり「バックアップツールは今やどの製品も大差ない」と考える向きもあるだろう。そんな中で、企業規模を問わず注目を集める製品がある。 【Google Homeが当たる】データ保護についてのアンケート

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066735


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ