NTT Com、企業向けクラウドサービスで「SAP HANAメニュー」提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、企業向けクラウドサービスで「SAP HANAメニュー」提供


掲載日:2016/04/05


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」で、SAPのインメモリDB「SAP HANA」をクラウド提供する「SAP HANAメニュー」を開始した。

 「SAP HANAメニュー」では、SAP HANAを含む基幹システムの導入から運用までを、クラウド上で短期間・低コストに行なえる。初期費用無料・最低利用期間なしでSAP HANA環境がクラウド提供されることで、SAP HANAアプライアンスの購入が不要になり、低コストで導入期間を短縮してSAP HANAの利用を開始できる。

 「Enterprise Cloud」のベアメタルサーバと、NFS(Network File System)接続を行なえ大容量ファイルを高速処理できるファイルストレージに、「SAP HANAメニュー」を組み合わせ、TDI(テーラード データセンター統合)モデルに準拠した「SAP HANAセット」として提供される。これにより、TDIモデルをクラウドサービスとして利用でき、開発・検証・本番環境のシステムとして迅速・安定的に利用できる。

 「Enterprise Cloud」に「SAP HANAセット」を追加することで、SAPに関するクラウドプラットフォームとマネジメントサービスの「Global Management One」が、グローバルで一元的に提供されるため、グローバルにビジネスを展開するユーザは、グローバルガバナンス統一とIT運用保守トータルコスト削減を図れる。

 「SAP HANAセット」の価格は、搭載メモリ容量256GBの場合、初期費用無料、月額費用が27万6800円から(OSライセンス費用とハードウェアの監視運用費用を含む)。なお、SAP HANA Enterprise Edition 1.0のソフトウェアライセンスは、ユーザが持ち込むことが前提。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

クラウドの成功は長期視点で最適化から 【日本マイクロソフト】 NIFTY Cloud/ニフティクラウド(パブリック型クラウドサービス) 【ニフティ】 生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚 【日本マイクロソフト】 成功企業インタビュー:2つのキーワードが事業を変える  【日本マイクロソフト】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
繰り返し可能な業務は必ず存在する、クラウドの成功は長期視点で最適化から 国内最大級!4,500件以上の導入実績を誇るパブリッククラウド
◆卓越したパフォーマンスと信頼性・柔軟性
◆24h/365日対応の電話サポート
◆使いやすいコントロールパネル
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係 クラウドサービス提供会社が成功するための「2つのキーワード」 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066732


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ