アマノ、コンプライアンス対策などを支援する人事労務管理を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アマノ、コンプライアンス対策などを支援する人事労務管理を出荷


掲載日:2016/04/04


News

 アマノ株式会社は、労務コンプライアンス対策と労務管理費の低減を支援する人事労務管理パッケージ「TimePro-NX」の出荷を4月11日に開始する。

 「TimePro-NX」は、就業/給与の各ソリューションに人事情報登録と検索機能を標準搭載し、常に人事情報を有効活用できるよう支援する。

 タッチ操作でメニューを選択でき、頻繁に使うメニューをグループ化できる。目が疲れにくい配色を採用し、画面サイズの変更に対応できるなど、操作性の向上が図られている。

 各種休暇の消化と残日数管理、年次有給休暇の取得率を確認できる。人員配置の最適化による効率経営や、育児/介護休業や短時間勤務など、ワークライフバランス支援を行なえる。

 法令/マイナンバーへの対応のほか、時間外申請差異や三六協定違反のチェックにより過重労働を防止できたり、個人情報/勤務データの修正履歴や確定処理により変更/修正を防止できるなど、コンプライアンスを重視した機能が装備されている。

 スタンドアロンシステムからネットワークシステムへ変更できる。様々な区分や項目数が用意されていて、将来の追加/変更に対応できる。Excelや他システムとのデータ連携に対応でき、拡張性に優れている。

 サポート面では、インターネットを経由したアマノオンラインショップでのサプライ品の注文や、ICカード発行サービスの利用、FAQや動画ヘルプの配信、リモート接続による対応などを含めた一元サービスを提供する。更に、税/社会保険テーブルやサービスパックが用意されるほか、ユーザの設定ファイルを保管できる。

 価格は、就業/給与の基本ライセンスが150名までで52万4千円から。人数規模により価格が変動する。別途システム構築費が必要。


出荷日・発売日 2016年4月11日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 シフト管理システム 「シフオプ」 【リクルートジョブズ】 労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 kaonavi(カオナビ) 【カオナビ】 FUJITSU Enterprise Application アドオンマイナンバーシステム 【富士通マーケティング】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 各店舗で運用されている「シフト」を可視化することで、管理にかかる時間を大幅に削減。短時間シフトの活用やスタッフの最適配置などを可能にするシフト管理システム。 社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
経営と現場が人材情報を共有し、顔写真を見ながら人員の評価・配置・抜擢をスピーディに行うことができるクラウド型人材マネジメントシステム。 マイナンバーの申請・収集・保管及び申告帳票の出力を行うアドオン型のシステム。既存システムとの連携インターフェースを構築することで短期間・低価格の制度対応が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066729


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ