ウイングアーク1st、集計・分析製品「Dr.Sum EA」の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウイングアーク1st、集計・分析製品「Dr.Sum EA」の新版を発売


掲載日:2016/04/01


News

 ウイングアーク1st株式会社は、集計・分析プラットフォームの新版「Dr.Sum EA Ver.4.2」を4月21日に発売する。

 「Dr.Sum EA」は、様々な企業システム内に蓄積されているデータを統合し、集計・分析できるBIツール。高速に集計結果を出力する集計エンジンと、専門知識がなくても操作できるよう設計されたExcelインターフェースなどを備えている。今回の新版では、IT部門による利用状況のモニタリングやメンテナンスを容易にする新機能の追加と、業務現場のデータ活用を支援するレポーティング機能の強化が行なわれた。

 DB利用状況モニタにより、接続するDBのデータファイル情報から各種情報を確認できる。また、「Dr.Sum EA」エンジン環境のリソース状況をリアルタイムに確認できるリソースモニタ機能や、モニタリングする項目にしきい値を設けてアラートアクションを設定できる機能、ユーザのログイン情報や集計実行情報などを容易に確認できるレポート利用状況モニタも追加された。

 レポーティング機能の強化では、直感的に操作できるWeb OLAP UIにより、レポート出力項目をドラッグ&ドロップで自由に変更可能になり、“回転”“有効/無効”“リセット”ボタンが追加された。また、複雑な計算も容易に行なえるよう、事後計算で利用できる関数が強化されている。このほか、WebやExcelでの操作性改善、「Dr.Sum EA Datalizer」の性能向上も図られている。

 クラウド型の帳票サービス「SVF Cloud」との連携機能も搭載され、クラウドサービスを利用した容易な帳票出力が可能になっている。「Dr.Sum EA Datalizer」で出力された集計結果は、「SVF Cloud」で定型レポート(PDF)に出力できる。


出荷日・発売日 2016年4月21日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】
BI BI BI BI BI
『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066712


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ