富士通、災害対策付きの仮想デスクトップサービスを提供

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、災害対策付きの仮想デスクトップサービスを提供


掲載日:2016/04/01


News

 富士通株式会社は、仮想デスクトップサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service 仮想デスクトップサービス V-DaaS」(V-DaaS)で、館林データセンターに加えて明石データセンターでも展開し、データセンター間でのバックアップにより事業継続を支援する災害対策サービス「V-DaaS基本サービス ICT災害対策付」の提供を開始した。

 「V-DaaS基本サービス ICT災害対策付」は、有事の際にバックアップデータから「V-DaaS」の利用環境を復元し、提供するためのサービス。地震・水害・火災などの災害によりユーザが利用中の仮想デスクトップ基盤を設置したデータセンターが被災し、運用継続が困難になった場合に備え、あらかじめ設定情報をDR(Disaster Recovery)サイトにバックアップしておく。ユーザが自社内で仮想PCを展開するためのマスタのバックアップに加え、要望に応じてユーザプロファイルなどの利用者情報のバックアップ・復元も対応していく予定。

 なお「V-DaaS基本サービス ICT災害対策付」の価格は、初期費用が24万円から、月額23万4000円から(仮想PC60台)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

基幹システムとインターネット環境を安全に分離した文京区の取り組みとは? 【日本電気】 テレワーク浸透を阻む、端末操作の煩雑さとVPN回線の不安定さをどう解決する? 【アシスト】 東かがわ市のVDI環境、インターネット分離と運用負荷軽減を同時に解決する方法 【日本電気】 高まるリモートアクセスニーズに応える、新たな「コネクションブローカー」とは 【アシスト】 働き方改革の4つの課題とソリューションとは 【株式会社ネットワールド】
VDI VDI VDI VDI VDI
基幹システムとインターネット環境を安全に分離した文京区の取り組みとは? テレワーク浸透を阻む、端末操作の煩雑さとVPN回線の不安定さをどう解決する? 東かがわ市のVDI環境、インターネット分離と運用負荷軽減を同時に解決する方法 高まるリモートアクセスニーズに応える、新たな「コネクションブローカー」とは 働き方改革の4つの課題とソリューションとは

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066702


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ