F-Secure、ガートナーの調査でビジョナリーに選定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


F-Secure、ガートナーの調査でビジョナリーに選定


掲載日:2016/03/29


News

 エフセキュア株式会社(F-Secure)は、ガートナー社が2月1日に発行した調査レポート“Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms(EPP)”で、ビジョナリーに選定されたと発表した。

 F-Secureは、オンラインセキュリティおよびプライバシー保護を提供するフィンランドの企業で、同社のエンドポイント保護ソリューションは、実際に発生している世界の脅威情報を提供する「F-Secure Security Cloud」が中核となっているという。

 ガートナーのマジック・クアドラントでは、成長市場で競合しているベンダを4つのクアドラント(チャレンジャー/特定市場指向型/ビジョナリー/リーダー)に分類している。このうちビジョナリーは高リスク/高ROIカテゴリに属しているベンダを指すとしている。

 今回、サイバーセキュリティ企業を目指す同社のビジョンが評価され、ビジョナリーとして選定されたと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066641



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ