ワークスなど、ERPのクラウド運用サービスをAzureに対応させ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークスなど、ERPのクラウド運用サービスをAzureに対応させ発売


掲載日:2016/03/28


News

 株式会社ワークスアプリケーションズ(ワークス)と日本マイクロソフト株式会社は、ワークスのクラウド運用サービス「COMPANY on Cloud Managed Service」(CCMS)をMicrosoft Azureに対応させ、4月に発売する。

 「CCMS」は、大手企業向けERPパッケージ「COMPANY」のプラットフォームをクラウド上で提供するサービス。パッケージのサポートサービスに加え、ユーザのクラウド環境の構築、クラウド上での「COMPANY」運用までを一元的に提供できる。今回のAzure対応により、自社製品/サービスに加え、Azureサービスをセットにしたサービスを提案できるようになる。

 「CCMS」からAzureプラットフォーム上に構築した「COMPANY」環境を制御することで、ERP環境をマルチクラウド化でき、監視/運用体制及びシステム全体の耐障害性が更に強化された。これにより「CCMS」ユーザは、ITシステム全体のクラウド移行を見据えた、各社の要望に沿ったクラウド選択/導入を行なえる。

 今後、ワークスの人工知能型ERP「HUE」のクラウドプラットフォームとしてもAzureを採用し、提供を開始する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 会計・人事労務を一気通貫で効率化 月に数十時間削減できるサービスとは 【freee】 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは? 【ネットスイート】
ERP ERP ERP ERP ERP
改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 企業の根幹を支える会計・人事労務には、業務属人化や作業重複の手間やコストといった課題がつきまとう。解決の方法の1つは、複数回入力が前提の仕組みを変えることだ。 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは?

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066608


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ