提携:NECなど、ファイル自動暗号化の新版でAzure RMSと連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NECなど、ファイル自動暗号化の新版でAzure RMSと連携


掲載日:2016/03/25


News

 日本電気株式会社(NEC)は、日本マイクロソフト株式会社と協業し、社内の様々なファイルを自動で暗号化する情報漏洩対策ソフトウェア「InfoCage FileShell V3.0」の出荷を開始した。

 今回の「V3.0」では、利用者IDの管理機能や認証機能を備えたマイクロソフトのクラウドサービス「Azure Active Directory Rights Management」(Azure RMS)と連携した。これにより、Microsoft Office 365の利用企業はオンプレミス構成に比べ、コストを抑えてファイル暗号化システムを導入できる。

 「持出閲覧形式保護オプション」を追加することで、取引先などの外部の利用者との間で暗号化ファイルを共有できるようになる。NECのサイトから無償でダウンロードできる閲覧専用ツールを利用することで、共有された暗号化ファイルを閲覧できる。また、利用者が誤って第3者にファイルを送付した場合や、誤ったファイルを送付した場合でも、遠隔で暗号化ファイルを削除できる。“削除申請サーバ”に登録することで、外部利用者が閲覧した時に削除が行なわれる。

 1ライセンスの価格は、「InfoCage FileShell V3.0」が1万3000円、「持出閲覧形式保護オプション」が3900円。


出荷日・発売日 2016年3月24日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 「ファイル暗号化」が徹底できない原因は“利用者任せ”の姿勢にあった? 【日本電気】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
「重要情報を含むファイルは保護すること」などのルールがあるのに、強制力がなく機能していないケースがある。それはなぜなのか。有効なファイル保護の具体策とは。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066598


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ