インターコム、IBMメインフレーム用端末エミュレータの新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターコム、IBMメインフレーム用端末エミュレータの新版発売


掲載日:2016/03/24


News

 株式会社インターコムは、IBMメインフレームの専用端末と同等の機能をWindows PCで実現できるようにする端末エミュレータの新版「FALCON 3270 Ver.5」を発売した。

 「FALCON 3270 Ver.5」は、z/OS、OS/390、MVSなどが動作するIBMメインフレームへの入出力装置として機能する端末エミュレータ。IBM純正端末「Personal Communications」(PCOMM)との互換性を備え、基幹業務に必要な機能をWindows PCで使用できるようになる。

 今回の新版では、Windows 10で使用されている文字規格“JIS X 0213:2004”(JIS2004)の内容を取り込んだIBM日本語ホストコード“CCSID 1390/1399”に対応した。これにより、基幹システムと接続したWindows 10 PCから“JIS2004”で規定された計1万1233字の文字や記号を画面表示・入力、ホスト印刷、ファイル転送で使用でき、個人名や地名が記載される帳票発行などの業務を“JIS2004”の文字環境で行なえる。また、IBMメインフレームが独自に保有していた特殊記号などが外字ではなく標準で使用可能になる。


出荷日・発売日 2016年3月23日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メインフレーム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メインフレーム」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066569


IT・IT製品TOP > サーバー > メインフレーム > メインフレームのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ