テトラフェイス、3DモデリングソフトウェアのOS X版をリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テトラフェイス、3DモデリングソフトウェアのOS X版をリリース


掲載日:2016/03/23


News

 株式会社テトラフェイスは、3Dモデリングソフトウェア「Metasequoia 4 for OS X」を3月28日にリリースする。

 「Metasequoia 4」は、3DCGや3Dプリント、ゲーム開発などに使用する立体形状データを作成するための、ポリゴンベースのモデリングソフトウェアで、作業効率とデータ可搬性を重視している。今回リリースされる「Metasequoia 4 for OS X」は、従来のWindows版をOS X向けに移植したもので、OS X 10.9以上のOSを搭載したMac上で動作する。

 気軽にモデリングを行なえる「Standard」版と、より高度な要求に対応するための「EX」版の2つのエディションが用意されている。「EX」は、「Standard」の機能に加え、単位(mm、cm、m、inch、feet)の表示やオブジェクトの距離・厚みの計測など、業務や3Dプリント向けの機能が追加されている。各エディションのライセンスはWindows/OS X共通で、同一個人が利用する場合には最大2台までのPCまたはMacにインストールできる。

 モデリング機能では、ポリゴンを編集するための各機能に加え、なめらかな曲面を生成するサブディビジョンサーフェス、少ない制御点でオブジェクトを作成するアーマチャー機能など、制作を効率的に行なうための様々な機能を搭載している。また、オブジェクト展開図のUVマッピングや3Dオブジェクトに直接描きこめるペイント機能を備え、テクスチャ作成をサポートするほか、オブジェクトを変形させるボーン、モーフ機能に対応している。完成したオブジェクトは、レンダリングして、画像として保存することもできる。

 3Dプリンターへの形状データの受け渡しに使用されているSTLファイルに加え、3DCGソフトウェアで利用される様々なファイル形式の入出力に対応している。「EX」は、多くの3DCGソフトウェアやUnityなどのゲーム制作環境にも使用されるFBXファイル・COLLADAファイルや、3Dスキャナで取り込んだデータとして使用されるPLYファイルの入出力、Adobe Illustratorなどで使用されるベクター画像を扱うAIファイルの読み込みに対応している。

 価格は、「Standard」が5400円、「EX」が1万9980円(いずれも税込)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066562


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ