マイクロソフト、基幹業務ERP「Dynamics AX」の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロソフト、基幹業務ERP「Dynamics AX」の新版を提供


掲載日:2016/03/23


News

 日本マイクロソフト株式会社は、基幹業務ERP「Microsoft Dynamics AXクラウド」新バージョンの提供を開始した。

 「Dynamics AX」は、137の国と地域の法制度に対応し、40の言語、各種通貨で使用できる基幹業務ERP。経営情報の統合管理と可視化、IoT対応によりデータを活用したビジネスの展開を支援する。今回の新バージョンでは、東日本・西日本の2つのデータセンターリージョンから提供されるMicrosoft Azureを中心基盤に提供され、組織の変化に応じた適切なシステムの選択・拡張を図ることができ、情報を保護するエンタープライズセキュリティが提供される。

 管理ツール“Dynamics Lifecycle Services(LCS)”などにより、課題の検知と可視化、対応策の実行を支援するための業務機能と構築管理ツールの両方を提供するよう設計されている。また、クラウド型データ分析ツール「Microsoft Power BI」と接続することで、会計・生産管理・販売管理などの可視化した分析結果へ、時間・場所を問わずマルチデバイスでのアクセスを可能にする。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 資産管理業務 5つの改善例:IFRS対応やシミュレーション機能も 【クレオマーケティング】 Plaza-i:海外進出企業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 インテリジェント クラウド ERP Microsoft Dynamics AX 【日本マイクロソフト】
ERP ERP ERP ERP ERP
標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 資産管理システム導入前に読んだおきたい 5つの事例で成功シナリオを学ぶ 多通貨、バイリンガル表示・出力、複数会社管理、複数会計基準に標準対応した、ライセンス料金を気にせず事業会社がいくつでも追加できるERPパッケージ。【直販のみ】 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
マルチデバイスでどこからでも利用できる、クラウド対応の統合ERPソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066553


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ