NRI、“DevOps”機能を追加したIT運用管理製品の新版などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、“DevOps”機能を追加したIT運用管理製品の新版などを発売


掲載日:2016/03/22


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、IT運用管理製品の新版「Senju Family 2016」と、「Senju Family」をクラウド型でサービス提供する「mPLAT」の新版を、4月1日に発売する。

 「Senju Family 2016」では、開発(Development)と運用(Operation)が効率的に連携するための“DevOps”機能が追加された。これにより、従来は運用部門に依頼しないと確認できなかった情報を、統制を確保しつつ開発部門が直接確認できるようになる。

 「mPLAT」は、「Senju Family」をベースにした運用基盤クラウドサービス。今回の新版では、ITサービスマネジメントの監視/分析サービス「mPLAT/IWC」や、イベント発生を自動通知するサービス「mPLAT/AEC」、状況を可視化するダッシュボードサービス「mPLAT/MDV」が追加された。これにより、クラウドや仮想化環境に対する運用基盤とともに、運用の自動化や効率化の支援も提供する。また、収集したデータは同社のITサービスマネージャが分析し、継続的な運用改善を支援する。


出荷日・発売日 2016年4月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? 【レッドハット】 「オンプレミス+クラウドを活用、しかも運用負荷は軽減」は現実的か 【ネットワンシステムズ】 アプリケーションのデプロイを自動化、英国企業Amelcoに学ぶ継続的デリバリー 【レッドハット】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 「Ansible」をチームで活用するために必要な管理機能をどう実装する? 急速に変化するビジネス環境に対応するには、オンプレミスやクラウドのITインフラも迅速に変える必要がある。従来の手法を覆すITパートナーによる新サービスを紹介する。 アプリケーションのデプロイを自動化、英国企業Amelcoに学ぶ継続的デリバリー オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066534


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ