EMC、VMware環境にネイティブ統合でき拡張性に優れたHCIAを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、VMware環境にネイティブ統合でき拡張性に優れたHCIAを提供


掲載日:2016/03/18


News

 EMCジャパン株式会社(EMC)は、VMware環境にネイティブに統合できるハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・アプライアンス(HCIA)「VCE VxRail Appliance」ファミリーの提供を3月15日から順次開始する。価格は、最廉価構成の「VxRail 60」が750万円から。

 「VxRail Appliance」では、仮想化/コンピューティング/ストレージ/データ保護が単一のシステムに統合され、一元的なサポートの提供が可能。初期2台の仮想マシン(VM)だけの小規模な立ち上げから、数千台のVMにまで、簡単/スムーズに拡張できる。また、性能重視のワークロード向けのオプションでは、HCIAの2倍以上のフラッシュ性能を持つ、76TB以上のフラッシュストレージの提供が2016年第2四半期(4月〜6月)に開始される。

 クリティカルなワークロードのVMごとのレプリケーションやディザスタリカバリを自動化できるほか、Virtual SANアクティブ−アクティブ・ストレッチクラスタにより、サイトレベルでデータの損失を防げる。また、同製品に統合されたvSphere Data Protectionにより、既存のツールを使ってバックアップとリカバリを行なえるほか、「EMC Data Domain」にデータをバックアップするオプションでは、データの中央集約的保管/管理が可能になる。

 イベントをキャプチャするVMware Log Insightを利用して、ハードウェアの状態を細かくチェックし、アプリケーション/VM/アプライアンスの運用状態に関する包括的なレポートを分刻みで生成できる。また、「EMC CloudArray」を利用し、VMware vCloud Air/Amazon Web Services/Microsoft Azure/Virtustreamでのデータを階層化できる。これにより、アプライアンスごとのオンデマンドでのクラウドストレージの容量を更に10TB拡大させられ、ストレージ能力を安全/無制限に拡張できる。

 広範なvSphereエコシステムとシームレスに統合され、既存の管理/自動化/監視の方法やVMwareの利用ツールに対応していて、IT運用を簡素化しながらコスト削減を図れる。更に、VMware vRealize OperationsやVMware Horizon Airといった、VMwareのクラウド・ソリューション・プラットフォームやエンドユーザ・コンピューティング・ソリューションと統合できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 「VxRail 60」:750万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066512


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ