インターコム、IaaS対応の中規模向けFAXサーバーソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターコム、IaaS対応の中規模向けFAXサーバーソフトを発売


掲載日:2016/03/16


News

 株式会社インターコムは、業務ソフトと連携して見積書や注文書などのFAX送受信を自動化するシステムを、従来のオンプレミスに加え、クラウド(IaaS:Infrastructure as a Service)環境でも構築できるハイブリッドFAXサーバーソフト「まいと〜く Center Hybrid」を3月25日に発売する。

 「まいと〜く Center Hybrid」は、中規模(2〜8回線)向けで、IaaSでのFAXサーバー運用に加え、クライアントOS対応、Web APIでのシステム連携、ユーザビリティの向上などの強化が行なわれている。

 IaaS上でのシステム構築に対応し、IaaS上でFAXサーバを運用することで、設置コストや管理コストを削減できる。FAXサーバと接続する通信ハードウェア(FAXモデム)を各拠点(オンプレミス)に設置し、拠点ごとの電話番号をそのまま使用できるため、1拠点集中のFAX送受信に比べ通信コストの削減を図れる。また、クライアント機能にWebクライアントを採用したことで、PC1台1台にインストールする手間を省けるなど、管理者や利用者の導入負担軽減を図れる。

 ERPやOCRなどの業務ソフトと連携するための機能を標準搭載し、業務ソフトが出力した帳票を指定された宛先にFAX送信したり、取引先からFAX受信した帳票を業務ソフトへ電子ファイルで渡したり、といった業務ソフトと連携したFAX送受信を自動化できる。また、一般的なWebブラウザで操作できるクライアント機能を搭載し、マルチデバイス/マルチOSで使用できる。一般ユーザ向け機能(FAX送受信機能)と管理者向け機能(システム設定やバックアップなど)で、使用する機能をログインユーザごとに設定できる。

 複合機のインターネットFAX機能を使用して、同ソフトを経由したFAX送信を行なえ、紙の原稿を複合機から送る場合でも送信FAXを一元管理できる。また、PDFやWordファイルを添付したメールを同ソフト宛に送信することで、件名に指定したFAX番号に添付ファイルの内容をFAX送信でき、ノートPCやタブレットを使用して、外出先でFAX返信などに対応できるほか、同ソフトで受信したFAXをメールの添付ファイルとして転送することで、外出先でFAXの内容を確認できる。送受信FAXを利用者やグループに振り分け、受信FAXの受け取り通知をFAX返信、受信FAXを指定プリンターで出力など、FAX送受信後の様々な処理を自動化できる。


出荷日・発売日 2016年3月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「FAXサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「FAXサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「FAXサービス」関連の製品

現場の負担なくFAX受注をクラウド化、受注業務を効率化するシステムの効果とは 【エディックワークス】 FAX受注業務の「ここがつらい」 現場の10大課題を解消する方法とは? 【エディックワークス】 FAXでの受発注をさらに簡単に、自動化機能を備えたFAXサーバソフトの実力は? 【インターコム】 日々数百枚もの帳票FAX送信をオンプレミスからクラウドへ 基幹業務がより楽に 【ネクスウェイ】
FAXサービス FAXサービス FAXサービス FAXサービス
現場の負担なくFAX受注をクラウド化、受注業務を効率化するシステムの効果とは FAX受注業務の「ここがつらい」 現場の10大課題を解消する方法とは? FAXでの受発注をさらに簡単に、自動化機能を備えたFAXサーバソフトの実力は? 日々数百枚もの帳票FAX送信をオンプレミスからクラウドへ 基幹業務がより楽に

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066469


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > FAXサービス > FAXサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ