ウィンマジック、仮想マシンの暗号化をサポートする製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウィンマジック、仮想マシンの暗号化をサポートする製品を発表


掲載日:2016/03/15


News

 ウィンマジック・ジャパン株式会社(ウィンマジック)は、IaaS(Infrastructure as a Service)上で稼働する仮想マシンを暗号化するセキュリティソフトウェア「SecureDoc CloudVM」を発表した。ベータ版を利用でき、完全リリース版は2016年春(予定)に発表される。

 「SecureDoc CloudVM」は、アプリケーションアウェアのインテリジェントな鍵管理機能を備え、どの部分がどのように暗号化されているかを容易に把握できる。エンドポイント、ファイルサーバ、仮想サーバ、企業内ファイルの同期/共有(EFSS)ソリューション、IoT(Internet of Things)のインスタンスを含む、様々なレイヤにわたる鍵管理システムを制御することで、仮想環境での可視性を高められ、データセキュリティの強化を図れる。また、仮想化されたワークロードに対する鍵管理やポリシー管理を行なえ、複数の暗号化レイヤの保護と、関連鍵や証明書の管理に関わる問題の軽減を図れる。

 エンドポイントからクラウド、IoTまで暗号化の一元プラットフォーム管理機能を提供し、仮想データが保存されているパブリック/プライベート/ハイブリッドクラウド環境で、ほかのフルディスク暗号化機能と併用して適用できる。パブリック/プライベート/ハイブリッドクラウドインスタンスで稼働するWindowsのみの環境に対して、仮想マシンを暗号化できる。また、コンプライアンス/監査レポート機能を備え、IT部門は法的または業界基準に基づいて、機密データを暗号化できる。

 同社の「SecureDoc」「SecureDoc CloudSync」ソリューションの拡張版で、Windows/Mac/iOS/Androidなどの企業プラットフォームに適用されるEFSSサービスに同期される前に、エンドポイントでファイルを暗号化できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066465


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ