矢野経済研究所、国内フィンテック市場調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、国内フィンテック市場調査結果を発表


掲載日:2016/03/15


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のFinTech(フィンテック)市場の調査を実施したと発表した。

 今回の調査では、調査期間は2015年7月〜2016年1月で、調査対象は国内のFinTechベンチャー企業/金融機関/SIer。また、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話/メールによる取材、文献調査を併用している。

 FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語で、従来の金融機関では提供できなかった領域でIT技術を活用して提供する金融サービスを指す。

 同調査のフィンテックでは、“ソーシャルレンディング(融資)”“クラウドファンディング”“投資/運用サービス(投資/運用、情報提供)”“ペイメント/決済”“ブロックチェーン(プラットフォーム/クリプトカレンシー)”“企業会計(クラウド型会計ソフト、会計/経理クラウドサービス)”“家計簿/経費精算アプリ(家計簿/資産管理、経費精算)”“金融機関向けセキュリティサービス”の8領域を対象としている。

 また、国内フィンテック市場規模は、従来の金融機関が提供していない、革新的なサービスやその基礎技術を提供するベンチャー企業に焦点を当て、当該ベンチャー企業の売上高ベースで算出している。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、2015年度の国内フィンテック市場規模は33億9400万円の見込みで、ベンチャー企業と大手企業との協業事例など、市場は盛り上がりを見せているという。

 2つめは、“クラウド型会計ソフト”と“ソーシャルレンディング(融資)”が市場を牽引しており、中小企業を中心にクラウド化が進むと述べている。

 3つめは、P2P(Peer to Peer)ネットワーク上で権利移転取引などを記録/認証するブロックチェーンを活用したシステムの導入に加えて、領域を超えたベンチャー企業同士の連携が進み、2020年度には567億8700万円に達すると予測している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
統合ログ管理 BI 暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066458



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ