矢野経済研究所、国内フィンテック市場調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、国内フィンテック市場調査結果を発表


掲載日:2016/03/15


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のFinTech(フィンテック)市場の調査を実施したと発表した。

 今回の調査では、調査期間は2015年7月〜2016年1月で、調査対象は国内のFinTechベンチャー企業/金融機関/SIer。また、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話/メールによる取材、文献調査を併用している。

 FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語で、従来の金融機関では提供できなかった領域でIT技術を活用して提供する金融サービスを指す。

 同調査のフィンテックでは、“ソーシャルレンディング(融資)”“クラウドファンディング”“投資/運用サービス(投資/運用、情報提供)”“ペイメント/決済”“ブロックチェーン(プラットフォーム/クリプトカレンシー)”“企業会計(クラウド型会計ソフト、会計/経理クラウドサービス)”“家計簿/経費精算アプリ(家計簿/資産管理、経費精算)”“金融機関向けセキュリティサービス”の8領域を対象としている。

 また、国内フィンテック市場規模は、従来の金融機関が提供していない、革新的なサービスやその基礎技術を提供するベンチャー企業に焦点を当て、当該ベンチャー企業の売上高ベースで算出している。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、2015年度の国内フィンテック市場規模は33億9400万円の見込みで、ベンチャー企業と大手企業との協業事例など、市場は盛り上がりを見せているという。

 2つめは、“クラウド型会計ソフト”と“ソーシャルレンディング(融資)”が市場を牽引しており、中小企業を中心にクラウド化が進むと述べている。

 3つめは、P2P(Peer to Peer)ネットワーク上で権利移転取引などを記録/認証するブロックチェーンを活用したシステムの導入に加えて、領域を超えたベンチャー企業同士の連携が進み、2020年度には567億8700万円に達すると予測している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

驚きの“ビデオ会議”活用法、多彩なビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 【ポリコムジャパン】 東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る 【PTC ジャパン】 企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 LAN構築 開発ツール EDI
「ビデオ会議は会議室で使うもの」……その考えはもう古いかもしれない。ビデオ会議は会議室を飛び出し、思いも寄らない使い方をされている。そのエピソードを見ていこう。 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066458



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ