アイプランナー、操作性に優れた月額制CRMサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイプランナー、操作性に優れた月額制CRMサービスを提供


掲載日:2016/03/10


News

 株式会社アイプランナーは、インドのVtiger社が手掛ける、月額課金で利用できるCRMサービス「Vtigerオンデマンドサービス」の日本語版の提供を開始した。

 「Vtigerオンデマンドサービス」は、シンプルな設計のインターフェースで、多機能を直感的に操作できることを目指したCRMサービス。マーケティング機能ではスコアによる管理や既読、クリック確認ができるキャンペーンメールを、また営業支援機能としてはタッチポイントにより接触履歴や商談管理、見積り、売上予測管理といった機能を提供する。

 PayPal連携による支払管理と受注、請求が可能な販売管理に加え、SLAに基づく問い合わせ管理やFAQ、契約管理、販売製品管理といったサポート機能、プロジェクト機能(タスク/マイルストーン/ガントチャート)、ワークフロー/スマート通知などのオートメーション機能も備えている。また、追加費用なしでモバイル(iPhone/iPad/Android)に対応できる。

 標準でOffice 365やGoogle Appsとの連携が可能で、予定表/連絡先の同期などに対応する。グループウェア機能では、IMAPメールクライアントを装備していて、予定管理と顧客データでグループウェアとして利用できるほか、Dropbox連携により、データをDropbox側に保存できる。

 クラウド間データ移行サービス「Data2CRM」を利用することで、他社のサービス(Salesforce、Microsoft Dynamics CRM、Zoho CRMなど)からCSVにデータをダウンロードせずに、クラウド間で直接データを「Vtigerオンデマンドサービス」へ移行できる。

 なお価格は、1ユーザあたりの月額利用料金(年契約の場合の月額換算)で、「セールススターター/サポートスターター」が1400円、「セールスプロフェッショナル/サポートプロフェッショナル」が2800円、「アルティメット(セールスとサポートの両機能)」が4200円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「アイプランナー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

徹底解説:CRMから取り組むデータ活用、主要システムとのデータ統合ガイド 【インフォマティカ・ジャパン】 エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド 【日本マイクロソフト】 企業収益に影響大、営業・マーケティング間の「5つのギャップ」を解決する方法 【日本マイクロソフト】 デジタルマーケティングソリューション 【日立ソリューションズ】 Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】
CRM CRM CRM CRM CRM
徹底解説:CRMから取り組むデータ活用、主要システムとのデータ統合ガイド エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド 企業収益に影響大、営業・マーケティング間の「5つのギャップ」を解決する方法 顧客の情報、行動データを収集・分析し、それぞれに応じた最適なマーケティングアプローチを行うことで顧客ロイヤルティーの向上を実現する。 セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066391


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ