パナソニック、サイネージの構成簡素化を図れる大型モニタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック、サイネージの構成簡素化を図れる大型モニタを発売


掲載日:2016/03/09


News

 パナソニック株式会社は、サイネージプレーヤーソフトを容易に開発できるAndroidベースのOpenPort PLATFORMを搭載した業務用ディスプレイ「AF1」シリーズを3月下旬に発売する。55V型の「TH-55AF1J」、49V型の「TH-49AF1J」、42V型の「TH-42AF1J」が用意され、価格はオープン価格。

 「AF1」シリーズでは、AndroidベースのOpenPort PLATFORMをアプリケーションプラットフォームとしてディスプレイ本体に内蔵している。これにより、様々なデジタルサイネージシステムに柔軟に対応できるほか、PCやセットトップボックス(STB)などの外部接続機器不使用で、有線または無線のネットワーク経由で容易に広告・情報データの更新や管理を行なえる環境を構築できる。Android上ではHTML5対応のブラウザも搭載し、HTML5を利用した“Webベースサイネージ”にも対応する。

 メディアプレーヤー機能を内蔵したことで、PCやSTBなど外部機器との接続が不要になるため、設置・施工時の手間が軽減される。メディアプレーヤー機能も含めたディスプレイの基本設定はリモコンで操作でき、アプリケーションも容易にインストールできる。また、24時間連続運転対応で故障頻度の高いファンを削減した設計で、交通機関や公共施設など、信頼性が求められる環境での設置に適している。

 また同社は、国内外のサイネージソフト開発会社とパートナーアライアンスを組み、CMSからディスプレイ制御を行なえる技術仕様(API)を公開し、遠隔からの操作を活用したスムーズな運用を図る。キーボードやマウスに加え、USBカメラなどの周辺機器に対応することで、機能拡張を図れるほか、USBメモリやmicroSDを利用した、ディスプレイのストレージ拡張を容易に行なえる。なお、OpenPort PLATFORM上で動作するアプリケーションは、アライアンスパートナーと同社の間で相互動作検証が行なわれている。


出荷日・発売日 2016年3月下旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066371


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > デジタルサイネージ > デジタルサイネージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ