プラネックス、クラウド対応パン・チルトネットワークカメラ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プラネックス、クラウド対応パン・チルトネットワークカメラ発売


掲載日:2016/03/04


News

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社(プラネックス)は、電源とインターネット回線があれば設置できるクラウド対応のパン・チルトネットワークカメラ「カメラ一発!(CS-W72HD)」を3月10日に発売する。価格はオープン価格。

 「CS-W72HD」は、100万画素で有線/無線LANに対応している。クラウド対応型なので、数ステップで接続でき、ネットワーク機器の知識や複雑な設定は不要で、直ちにカメラの画像を見られる。また、パン(左右)340度、チルト(上下)170度の範囲でカメラの向きを操作でき、広い範囲を撮影できる。あらかじめ設定した撮影ポイントを順番に移動する巡回機能も搭載し、広い範囲の監視をサポートする。

 ネットワーク上に設置されているNASや本体に装着したmicroSD/microSDHCメモリカードへの録画に対応していて、常時録画に加えスケジュール録画や動体検知した時の映像を保存できる。遠隔地からでも撮りためた映像を容易に確認できる。撮影している映像の変化を検知する動体検知機能と、音の発生をとらえる音声検知機能を搭載し、検知したアラートはスマートフォンやタブレットへプッシュ通知できる。また、カメラ本体にマイクを内蔵し、映像と音声が同時に再生される。スピーカーもカメラ本体に内蔵されているため、離れた場所からカメラ設置エリアに話し掛けられる。

 カメラの前面に昼用/夜用2つのレンズと赤外線LEDを搭載し、周囲の明るさを認識して、暗くなると自動的に赤外線撮影に切り替わる。特別な操作不要で、昼夜を問わず被写体をクリアに撮影できるため防犯対策などに適している。Windows PC専用のアプリケーションで最大36台のカメラの映像を1画面で表示できるため、面積の広い店舗や事務所などに適している。また、Windowsアプリに加え、iPhone/Android/Kindle向けのスマホアプリ「カメラ一発!」、画面の大きいiPad向けアプリ「カメラ一発!HD」が提供され、外出先で容易にリアルタイムの映像を確認できるほか、細かな設定もPC不要で行なえる。

 100万画素の4分の1インチCMOSセンサを採用し、最大1280×800ドットの高精細な画像を撮影できる。IEEE802.11b/g/nに対応し、電源を確保できれば、壁面や天井にも取り付けられ、設置コストを削減できる上、回線から離れたところにも設置でき、設置場所を問わない。“RoHS”にも対応している。


出荷日・発売日 2016年3月10日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークカメラ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークカメラ」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066325


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ